ここから本文です。

まちのクレヨン

更新日:2013年3月1日 ページID:004208

まちのクレヨン

パンフレットをダウンロード(PDF形式:1,292KB)

まちの色について

まちなみを構成するものを考えてみましょう。

車道・歩道・乗り物・ベンチ・建物・街路樹・花壇などたくさんのもので構成されています。公共で整備することの多い道路・街路樹などのほかに、建物などは個人のものが多いのです。まちなみにとっては大きな要素のひとつです。

そういう意味では、建物も公共的な要素をもっているわけです。皆さんが建てる建物の形や色などのひとつひとつがまちなみを作っているとも言えます。

ここでは、その中の「色」に焦点を当てて、「まちの色」について考えてみましょう。

皆さんは、常にまちの色と接しています。

その中でも、建物の新築・改築の際の色決めのとき、あるいは、商店街のデザインを考えるときなど、「色彩」の問題と直面して、頭を悩ませていることと思います。

色が決まるまでの過程は、大変でもあり、楽しくもあります。又、その結果はそのまま、まちなみの一部になってしまいます。イメージどおりにならないこともよくあります。

しかし、「色」もその性格をよく理解して選ぶことで、イメージに近い色の決定やまちなみに馴染んだ色の決定が可能になり、より「色」に親しみをもっていただけるのではないでしょうか。

あなたのまちの色を探してみましょう

どんな色のまちに住みたいですか

あなたが建物の色を選ぶとき、どういうことに気をつけますか。もちろん自分の家ですから、好きな色を使うのは自由です。しかし、色が周囲に与える影響は大変大きく、極端な色は、ともすればまちなみのいい雰囲気を壊しかねません。
長崎市では、市内を特徴のある地域と一般地区に分けて、建物などのお勧め色を設定しています。詳しくは、パンフレットをご覧ください。

パンフレットをダウンロード(PDF形式:1,292KB)

上へ戻る

お問い合わせ先

まちづくり部 まちづくり推進室 

電話番号:095-829-1271

ファックス番号:095-829-1175

住所:長崎市桜町4-1(長崎商工会館5階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く