ここから本文です。

長崎市景観計画を変更しました

更新日:2015年4月1日 ページID:026580

概要

zenkei

本市の都心部におきましては、人口減少と少子高齢化の進行、郊外の大型商業施設の立地等により活力が低下するとともに、老朽化し、防災性に劣る建築物も年々増加しております。そこで、本市は、都心部の活性化を図るため、民間の経済活動に対するハード、ソフト両面からの支援を含む「中心市街地活性化基本計画」の認定への取組を進めて参りました。
一方で、本市では良好な景観づくりのため、景観形成に特に配慮が必要な地区を「景観形成重点地区」に指定し、建築物等の高さなどについて一定の規制をかけております。
しかしながら、民間の経済活動の支援体制を整えるうえでは、民間の経済活動がしやすい環境整備もあわせて行う必要があると考え、土地の高度利用が可能な道路等必要な公共施設が整備され、かつ、耐震基準を満足しない建物が多数存在する地区については規制を緩和することとし、こうした条件にかなう中島川・寺町地区景観形成重点地区の一部区域について、所定の手続きを経て平成27年4月1日より、建築物等の高さ規制を廃止いたしました。

変更後の長崎市景観計画について

建物高さ規制を廃止した区域

kuiki

詳しい内容については、長崎市景観計画のページをご覧ください。

縦覧について

変更後の景観計画に係る図書について、下記の通り縦覧します。

縦覧時間

午前8時45分から午後5時30分まで

縦覧場所

長崎市建設局都市計画まちづくり推進室
(長崎市桜町4番1号 商工会館5階)

景観計画の変更に関する経過

  • 平成27年1月~2月 関係団体説明
  • 平成27年1月24日 地元説明会
  • 平成27年1月27日 地元説明会
  • 平成27年2月4日 長崎市都市計画審議会より意見聴取
  • 平成27年2月4日~17日 原案の縦覧
  • 平成27年3月23日 長崎市景観審議会へ諮問
  • 平成27年3月25日 長崎市景観審議会より答申
  • 平成27年4月1日~ 施行

中島川・寺町地区の景観形成重点地区指定に関する経過

  • 昭和63年12月20日 長崎市都市景観条例制定(昭和64年1月1日施行)
  • 平成2年4月5日 長崎市都市景観基本計画策定
  • 平成6年3月18日 中島川・寺町地区景観形成地区指定(自主条例)
  • 平成16年6月 景観法制定
  • 平成23年4月 景観条例・景観基本計画・景観計画施行
  • 平成27年4月 中島川・寺町地区景観形成重点地区における建物高さ規制の見直し

お問い合わせ先

まちづくり部 まちづくり推進室 

電話番号:095-829-1271

ファックス番号:095-829-1175

住所:長崎市桜町4-1(長崎商工会館5階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ