ここから本文です。

大規模盛土造成地変動予測調査(第1次スクリーニング)について

更新日:2016年12月9日 ページID:028821

大規模盛土造成地変動予測調査(第1次スクリーニング)について

調査の目的

兵庫県南部地震、新潟県中越地震等の際に、谷や沢を埋めた造成宅地または傾斜地盤上に腹付けした造成宅地において、盛土と地山との境界面等における盛土全体の地すべり的変動が生ずるなど、造成宅地におけるがけ崩れ又は土砂の流出による災害が生じたことを受け、大規模盛土造成地の現況の把握と「大規模盛土造成地の変動予測調査ガイドライン」に基づく大規模盛土造成地変動予測調査の第1次スクリーニングを行い、大規模盛土造成地マップを作成することを目的としています。

大規模盛土造成地とは?

盛土造成地には、谷埋め型盛土や腹付け型盛土等があり、谷埋め型は、谷や沢を埋めたため、盛土内に水の浸入を受け易く、形状的に盛土側面に谷部の斜面が存在することが多い特徴があります。また腹付け型は、傾斜地盤上の高さが高い特徴があります。
その盛土造成地のうち以下のいずれかの要件を満たすものを大規模盛土造成地といいます。
1.谷埋め型大規模盛土造成地・・・盛土面積が3,000平方メートル以上のもの
2.腹付け型大規模盛土造成地・・・盛土をする前の地盤面の水平面に対する角度が20度以上で、かつ、盛土の高さが5m以上のもの
※詳しくは国土交通省のHP(新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。

マップで公表された大規模盛土造成地は危ないの?

市民の皆様に大地震に備えていただくため、大規模盛土造成地が身近に存在するものであることを知っていただき、防災意識を高めて、災害の未然防止や被害の軽減につなげることを目的として、盛土造成地の位置と規模の把握及び大規模盛土造成地の抽出を行い、大規模盛土造成地マップを作成します。
マップは大規模盛土造成地の概ねの位置と規模を示すものであり、マップに示された箇所が地震時に必ずしも危険であるというわけではありません

調査はいつ頃から行うの?マップはいつ頃公表するの?

○調査時期について 
現在履行中の業務委託の中で、大規模盛土造成地の位置を特定しています。
・業務委託名 大規模盛土造成地変動予測調査(第1次スクリーニング)業務委託
・履行期間 平成28年8月9日 ~ 平成29年2月24日
・受注者名 第一復建株式会社長崎営業所

○マップの公表時期
大規模盛土造成地マップの公表時期は、平成29年度に公表を予定しています。

現地調査状況

大規模盛土造成地の位置を特定するために、平成28年9月から上記受注者が現地調査を行っています。
なお、現地調査は公道等から目視や簡易的な測量を行うようにしていますので、個人の宅地への立ち入りは原則行いません。
長崎市内全域のうち、大規模盛土造成地の可能性があるこちらの地域を対象に現地調査を行っています。

ダウンロード

対象地区(PDF形式:63KB)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

まちづくり部 建築指導課 

電話番号:095-829-1174(指導係・建築安全係)、095-829-1176(審査係・開発指導係)

ファックス番号:095-829-1168

住所:長崎市桜町4-1(長崎商工会館5階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「都市計画(まちをつくる決まりごと)」の分類

ページトップへ