ここから本文です。

多くの希少生物が生息する黒崎永田湿地自然公園

更新日:2017年9月1日 ページID:028060

多くの希少生物が生息する黒崎永田湿地自然公園の魅力を紹介します。

黒崎永田湿地自然公園は、長崎県内でも数少ない湿地を有する公園で、多くの希少生物が生息しており、子どもから大人まで本物の自然を体験できる公園です。

観察様子 

公園の概要

黒崎永田湿地自然公園は、昭和40年代から農業の機械化と水稲の減反政策により遊休・老廃地化した水田跡地を、平成14年度に自然公園として整備しました。整備にあたっては、トンボ類が生息しやすいよう、池を造り開けた水面を出来るだけ多くし、多くの植物が生えるよう池の深さも変化を持たせました。その結果、多様な生物が生息し、トンボの生息地としては日本一となりました。しかしながら、経年とともに土砂が堆積し、水深が浅くなったため、ヨシやガマ類が繁茂し、他の花や植物、水生生物が減少しつつあります。そこで、平成23年度に地域住民と連携しながら「黒崎永田湿地自然公園再整備計画」を策定し、平成24年度から再整備を行っています。

黒崎永田湿地自然公園の生きものたち

ラミ1

ラミ2

平成24年度から平成28年度にかけて、再整備

黒崎永田湿地自然公園は、長崎県内でも数少ない湿地を有する公園であり、公園内の多様な生態系を保全するとともに、訪れる人々が湿地特有の環境と親しみ、楽しめるような公園として再整備を進めています。

カキツバタを植栽

ガマやヨシ類の繁茂により減少したカキツバタを公園の一部に植栽しています。
カキツバタ1.
                           7月上旬~下旬にかけてこのような花が咲きます

既設木道のバリアフリー化

既設木道をバリアフリー化し、車いすの方も散策しやすくなりました。

  階段スロープ化

散策路の増設、浚渫

希少生物等の生息環境の保全を図るため、湿地内を浚渫するとともに、散策路を増設しています。

木道増設

健康遊具

加齢に伴い低下しやすい「柔軟性・筋力・バランス力」を効率よく鍛えることができる健康遊具も利用できます。
(健康遊具:7基、ウォーキング:735m)

健康遊具

自然鑑賞会を開催

平成29年8月27日(日)にトンボ・水辺の生き物鑑賞会を開催し、24人の方に参加していただきました。

H29 説明状況

H29 鑑賞状況1.

さまざまな生物が見つかり希少生物であるウナギやコフキヒメイトトンボも見つかりました。
ウナギ          コフキヒメイトトンボ  アオモンイトトンボ
うなぎトンボトンボ2.

地図大きなサイズの地図をGoogle Mapsサイトで閲覧する(新しいウインドウが開きます)

お問い合わせ先

北総合事務所 地域整備課 

電話番号:814-3410

ファックス番号:884-2065

住所:長崎市琴海村松町703-14

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「公園・緑」の分類

ページトップへ