ここから本文です。

建築基準法でいう道路とは?

更新日:2013年3月1日 ページID:004274

建築基準法でいう道路は、原則として幅員4メートル以上のもので、次の1~6に掲げるものです。

  1. 国道、県道、市道等の道路法による道路
  2. 都市計画法や土地区画整理法などに基づいて造られた道路
  3. 建築基準法が適用される(都市計画区域及び準都市計画区域)以前から存在していた道
  4. 都市計画法や土地区画整理法などの法律により、2年以内に事業が行われる予定の道路で、特定行政庁が指定した道路
  5. 土地を建築物の敷地として利用する者が、道路法等によらないで築造する、政令等で定める基準に適合する道で、特定行政庁がその位置を指定した道路
  6. 建築基準法施行の際、すでに建物が立ち並んでいた道路幅員1.8メートル以上、4メートル未満の道で特定行政庁が指定したもの

建物を計画される際には、専門の建築士へご相談するか市役所までお問い合わせください。

お問い合わせ先

まちづくり部 建築指導課 

電話番号:095-829-1174(指導係・建築安全係)、095-829-1176(審査係・開発指導係)

ファックス番号:095-829-1168

住所:長崎市桜町4-1(長崎商工会館5階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ