ここから本文です。

負傷・病気の犬・猫を見つけたら

更新日:2017年10月4日 ページID:001655

動物の愛護及び管理に関する法律第36条には、公共の場所において、疾病にかかり、若しくは負傷した犬、ねこ等の動物又は犬、ねこ等の動物の死体を発見した者は、すみやかに、その所有者が判明しているときは所有者に、判明しないときは都道府県知事等に通報するように努めなければならないことが規定されています。そして、その通報があったときは、自治体は収容しなければなりません。

1 犬・ねこが疾病、もしくは負傷している場合

動物管理センターへご連絡ください。 電話:095-844-2961
「犬、ねこ等の動物」の範囲につきましては、犬、ねこと同じように人に親しまれている動物の意味と解釈されますので、基本的に法第44条に規定する愛護動物であり、収容可能な範囲を対象 としております。

【関連】
 ・ 野鳥がけがをしている場合は、こちらをご覧ください。→ city.nagasaki.ajisai-call.jp/faq/show/1712
 ・ ヒナが巣から落ちている場合は、こちらをご覧ください。→ city.nagasaki.ajisai-call.jp/faq/show/1713

2 すでに死亡している場合

一般廃棄物(ごみ)として取扱いますので、詳しくはこちらをご覧ください。→city.nagasaki.ajisai-call.jp/faq/show/3042

お問い合わせ先

市民健康部 動物管理センター 

電話番号:095-844-2961

ファックス番号:095-846-1197

住所:長崎市茂里町2番2号

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く