ここから本文です。

伝統的建造物群保存地区

更新日:2013年3月1日 ページID:000747

居留地について

安政5年(1858)、江戸幕府はアメリカ、オランダ、ロシア、イギリス、フランスの五カ国と修好通商条約を締結し、鎖国政策は終わりを告げました。長崎は、箱館(函館)、神奈川(横浜)とともに新しい自由貿易港として開港することになり、大浦の地に、日本に来る外国人の商業活動や居住の拠点となる、外国人居留地が造成されました。

長崎外国人居留地の造成は概ね3次にわたって実施されましたが、南山手は、安政6年(1859)から万延元年(1860)まで実施された第1次の居留地造成工事で開かれました。
外国人居留地は、海岸に近いほうから上等地、中等地、さらに山手の方は下等地として分けられ、外国人に貸し出されました。

居留地は、地域によって利用区分されていました。
多くの外国人がビジネス・チャンスを求めて長崎に渡来し、上等地には貿易のための商館や倉庫、中等地にはホテル、銀行、娯楽施設が並び、山手の下等地には洋風住宅、教会などが建築され、洋風建築が建ち並ぶ町並みが形成されました。

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類