ここから本文です。

福済寺の唐通事潁川(陳)家墓地

更新日:2013年3月1日 ページID:000740

福済寺の唐通事潁川(陳)家墓地

(ふくさいじのとうつうじえがわけぼち)

市指定史跡

福済寺の唐通事潁川(陳)家墓地

指定年月日 昭和53年8月1日

所在地 長崎市筑後町2番56号 福済寺墓地内

潁川家は陳冲一(ちんちゅういつ)を祖とする唐通事界屈指の名門で、福済寺第一の大檀越であった。
この墓地には、開祖陳沖一の墓碑・二代潁川藤左衛門(葉茂猷)夫妻・四代潁川藤左衛門夫妻・五代潁川藤左衛門夫妻の墓碑が現存する。
原爆の火災で全焼した福済寺は、近代的寺院として再建されたので、馬蹄形(ばていけい)の石壁に囲まれた中国風のこの潁川家墓地と、これに隣る唐僧墓地だけが、その昔、この福済寺が唐寺(とうでら)であったという面影を残している。
また、悟真寺には、陳沖一の子で、潁川家を創設した潁川藤左衛門(陳道隆)の墓が所在している(市指定史跡)。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)

路面電車・バス「長崎駅前」下車徒歩10分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類

ページトップへ