ここから本文です。

大徳寺の大クス

更新日:2013年3月1日 ページID:000734

大徳寺の大クス

(だいとくじのおおくす)

県指定天然記念物

大徳寺の大クス

指定年月日 昭和25年4月10日

所在地 長崎市西小島1丁目1番

このクスは、長崎名所の一つ、大徳寺の境内にある。境内にはクスノキが多いが、このクスノキは「大徳寺の大クス」として古くから有名であった。そのためか境内には大楠神社があり、木の傍には楠稲荷神社がある。この木の根回りは23.35メートル、胸高幹囲(むねだかみきまわり)12.60メートルで、県下第一のクスの巨木である。主幹はすぐに3大支幹に分かれ、樹高は低く、大きく横に伸びて広がる。樹齢は推定800年前後であろう。
平成3年(1991)2月、火災に遭ったが樹勢に衰えはない。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)
(補足)地図は目的地周辺の概ねの位置を示しています

路面電車・バス「思案橋」下車徒歩8分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類