ここから本文です。

眼鏡橋

更新日:2013年3月1日 ページID:000713

眼鏡橋

(めがねばし)

国指定重要文化財

眼鏡橋

指定年月日 昭和35年2月9日

所在地 長崎市魚の町と諏訪町の間

興福寺2代住持唐僧黙子如定(もくすにょじょう)が寛永11年(1634)に架けたと、古来伝承されているが、寛文3年(1663)全市の大火で興福寺一山全焼の災に遭い、 市中の諸文書と共に証すべき記録が滅失しているので、 一部に異説もある。 黙子如定が直接技術指導したのか、募財勧進のみを担当し工人技師が別にいたかも不詳。またこの橋が、正保4年(1647)の大洪水に崩流し、翌慶安元年(1648)重修されたとの旧記があり、この重修が修復か新架かにも説が分かれているが、わが国アーチ構造の草分けであることには変わりがなく、 以後、 石橋技術の規範とされて全国から注目された。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)

路面電車「賑町」下車徒歩2分

バス「親和銀行前」下車徒歩2分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類