ここから本文です。

崇福寺の聯額

更新日:2013年3月1日 ページID:000672

崇福寺の聯額

(そうふくじのれんがく)

県指定有形文化財

崇福寺の聯額

指定年月日 昭和35年7月13日

所在地 長崎市鍛冶屋町7番5号

対句を分けて左右の柱に掛けたのか柱聯(ちゅうれん)で、中国では一般の民家にもこの風習がある。門や室内に掲げた額が扁額(へんがく)であり、あわせて聯額という。黄檗(おうばく)寺院には特に多く、黄檗山萬福寺の聯額はほとんど国の重要文化財に指定されている。崇福寺の聯額では、隠元(いんげん)禅師、即非(そくひ)禅師、千獃(せんがい)禅師が書いたものが県指定有形文化財となっている。江戸時代に流行した唐様(からよう)の書風の源流と言えるもので、長崎着任の長崎奉行は早速にこの写しを差出させた。大田直次郎(蜀山人)などは非常に興味を示している。即非禅師の楷書は宇治の黄檗山でも見られないものである。明暦元年(1655)から元禄8年(1695)までの書と推定。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)

  1. 路面電車「正覚寺下」下車徒歩3分
  2. バス「崇福寺入口」下車徒歩3分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類