ここから本文です。

本木昌造の墓

更新日:2013年3月1日 ページID:000657

本木昌造の墓

(もときしょうぞうのはか)

市指定史跡

本木昌造の墓

指定年月日 昭和60年9月20日

所在地 長崎市鍛冶屋町5番74号

本木昌造の墓碑は、大光寺後山の本木家墓域にある。昌造は文政7年(1824)新大工町乙名(おとな)北島家の4男として生まれ12歳の時本木家の養子となり、稽古(けいこ)通詞と小(こ)通詞末席(21歳)、小通詞(30歳)を勤めている。昌造は豊かな天分に恵まれ、各分野にその才能を発揮し、海軍伝習掛通弁官・飽ノ浦製鉄所御用掛、活字板摺立所取扱掛を歴任。船の操縦術にも優れ、また慶応4年(1868)には浜町と築町間の中島川に日本最初の鉄橋を架設した。幕末から明治にかけて、長年近代印刷の開発に情熱をかたむけ、明治3年(1870)新町(現在の興善町)に新町活版所を設け、活字製造と印刷を開始し、近代印刷の基を築いた。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)
(補足)地図は目的地周辺の概ねの位置を示しています

  1. 路面電車「正覚寺下」下車徒歩5分
  2. バス「崇福寺入口」下車徒歩5分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類