ここから本文です。

福建会館(正門・天后堂)

更新日:2013年3月1日 ページID:000588

福建会館(正門・天后堂)

ふっけんかいかん(せいもん・てんこうどう)

市指定有形文化財

福建会館(正門・天后堂) 

指定年月日 平成12年4月28日

所在地 長崎市館内町11番4号

福建会館の前身は江戸後期に遡るが、明治元年(1868)『八閩(はちびん)会館』として正式に発足した。その後、明治30年(1897)に至り建物を全面的に改築し、福建会館と改称した。
会館本館(会議所)の建物は原爆により倒壊したため、現存するのは正門と天后堂などである。
正門は、三間三戸の薬医門(やくいもん)形式で、中国風の要素も若干含んでいるが、組物(くみもの)の形式や軒反りの様子、絵様(えよう)の細部など、主要部は和様の造りとなっている。これに対し、外壁煉瓦造の天后堂は架構法(かこうほう)なども純正な中国式を基調とし、一部木鼻(きばな)や欄間(らんま)は、和様に従っている。このように、様式的には和・中の併存であり、中国との交流の歴史が凝縮された建造物であるといえる。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)

  1. 路面電車「築町」下車徒歩約8分
  2. バス「長崎新地ターミナル」下車徒歩約8分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類