ここから本文です。

山王神社の大クス

更新日:2013年3月1日 ページID:000564

山王神社の大クス

(さんのうじんじゃのおおくす)

市指定天然記念物

山王神社の大クス

指定年月日 昭和44年2月15日

所在地 長崎市坂本2丁目6番56号 山王神社境内

山王神社境内入口の2本のクスノキで、向かって右側の1本は胸高幹囲(むねだかみきまわり)8.20メートル、左側の1本は6メートルほどである。
ともに昭和20年(1945)の原爆を受けて主幹の上部は折れ、熱線で幹肌を焼かれた。一時は全く落葉して枯木同然であったが、次第に生き返り樹勢を盛り返した。ともに主幹の上部を欠くため樹高は10メートル内外であるが、それぞれ10余の大小の支幹は、四方に枝張りして一体となり東西40メートル、南北25メートルの大樹冠をつくる。
ここの大クスは、巨樹としてのほか原爆生き残りの樹木としての意義も深い。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)

  1. 路面電車「大学病院前」下車徒歩10分
  2. バス「坂本町」下車徒歩10分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類