ここから本文です。

ケンペル、ツュンベリー記念碑

更新日:2013年3月1日 ページID:000546

ケンペル、ツュンベリー記念碑

県指定史跡

ケンペル、ツュンベリー記念碑

指定年月日 昭和35年7月13日

所在地 長崎市出島町 出島和蘭商館跡

文政6年(1823)7月、出島和蘭商館医として渡来したシーボルトは前に渡来した先学の商館医ケンペル(1690年渡来)ツュンベリー(1775年渡来)の功績をたたえ、これを記念するため文政9年(1826)、この碑を出島花畑に建てた。明治17年(1885)出島整備により、この碑は長崎公園内(長崎市上西山町)に移建されたが、昭和31年(1956)旧植物園が復元され現在地に移された。碑文にはシーボルトが先学をたたえた文字が刻まれているが、その文から彼が日本研究によせた心情を読みとることができる。その意味で、この記念碑はシーボルトその人の記念碑ともいうことができ、我が国の文化史上貴重な文化遺産として評価されている。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)

  1. 路面電車「出島」下車徒歩1分
  2. バス「長崎新地ターミナル」下車徒歩5分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類

ページトップへ