ここから本文です。

出島和蘭商館跡

更新日:2014年8月26日 ページID:000535

出島和蘭商館跡

(でじまおらんだしょうかんあと)

国指定史跡

指定年月日

大正11年10月12日

所在地
出島和蘭商館跡

長崎市出島町

出島は来舶ポルトガル人を居住させるために海中を埋築し、寛永13年(1636)完成した。寛永14年島原の乱が起こり同16年(1639)幕府はポルトガル人を渡航禁止にした。これにより出島は空家となった。
そこで寛永18年(1641)平戸のオランダ商館をここに移した。以来、安政の開国まで約220年間、出島は阿蘭陀屋敷(おらんだやしき)と呼ばれた。出島のオランダ商館では、この地を通じて日本とヨーロッパを結ぶ経済・文化の交流がおこなわれ、日本の近代化に果たした功績は大きい。
島内にはオランダ商館員の居宅・倉庫等数十棟が建ち、家畜を飼い、珍しい植物が植えられていた。

アクセス

  • 路面電車/長崎駅前から「正覚寺下」行に乗車、「出島」にて下車、徒歩すぐ
  • 路線バス/長崎駅前南口から「新地ターミナル」行に乗車、「長崎新地ターミナル」(終点)にて下車、徒歩5分

リンク

「出島」公式ホームページ(開場時間や入場料等についてはこちらをご覧ください。新しいウィンドウで開きます。)

地図大きなサイズの地図をGoogle Mapsサイトで閲覧する(新しいウインドウが開きます)

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類