ここから本文です。

大浦天主堂

更新日:2013年3月1日 ページID:000501

大浦天主堂

(おおうらてんしゅどう) 

国宝

大浦天主堂

指定年月日 昭和28年3月31日

所在地 長崎市南山手町5番3号

幕末の開国にともなって造成された長崎居留地の中に、在留外国人のために建設された国内現存最古の教会堂である。
直前に列聖されたばかりの「日本二十六聖殉教者」に捧げられた。設計指導はフランス人宣教師のフューレ、プティジャンの両神父で、施工は天草の小山(こやま)秀(ひで)。元治元年(1864)末に竣工し、元治2年2月に祝別された。この直後の3月に、浦上の潜伏キリシタンが訪れ信仰の告白をしたことにより、世界の宗教史上にも類をみない劇的な「信徒発見」の舞台となった。明治8年(1875)と同12年(1879)の増改築により、平面形式と外観デザインも変容し、外壁も木造から煉瓦造に変更されたが、内部空間の主要部には創建当初の姿が温存されている。

備考

地図検索(新しいウィンドウで開きます)

  1. 路面電車「大浦天主堂下」下車徒歩5分
  2. バス「大浦天主堂下」下車徒歩5分

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 

電話番号:095-829-1193

ファックス番号:095-829-1219

住所:長崎市魚の町5-1(市民会館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「文化・スポーツ・おでかけ」の分類