ここから本文です。

長崎市第二次環境基本計画(改訂素案)へのパブリック・コメント募集の結果について

更新日:2017年2月6日 ページID:029314

長崎市第二次環境基本計画(改訂素案)へのパブリック・コメント募集の結果について

平成28年11月25日(金曜日)から実施しました「長崎市第二次環境基本計画(改訂素案) 」への意見募集の結果、次のようなご意見をいただきました。

1 意見の募集期間

平成28年11月25日(金曜日)~平成28年12月26日(月曜日)

2 意見提出件数

2件(1人)

3 提出意見の具体的概要

番号 意見の内容 長崎市の考え方
1 「3.(3)水を大切にします 市役所の取組み」について、「水道管の老朽化・耐震化対策をすすめます」又は「水道施設を適切に維持・管理します」といった文言を入れてはどうかと考えます。 「3.(3)水を大切にします 市役所の取組み」について、「水道施設を適切に維持・管理し、漏水防止に努めます。」という文言を追加します。
2

「1.(1)人と環境に配慮したまちづくり」について、「主要道路の一部では、朝夕の交通渋滞が生じているため、道路交通網の整備」と記載されている部分がありますが、このことは車を運転する者にとってインセンティブになります。よって、「交通渋滞が生じ、排気ガス排出量の増大を防ぐため」としてはどうかと考えます。

※P60「3.(1)市役所の取組み」にも同様の記載があります。

「1.(1)人と環境に配慮したまちづくり」 の現状と課題部分について、次のとおり修正します。
「また、特定の地域や道路に車が集中することに伴う交通渋滞による自動車排気ガス排出量の増加を抑制するため、道路交通網の整備や公共交通の利用促進を図り、環境への負荷を低減する必要があります。」

なお、P60「3.(1)市役所の取組み スムーズに移動できる道路交通体系を整備します」 については、以下の理由により原案のままとさせていただきます。
(理由)
長崎市は、すり鉢状の地形により、狭小な平坦地に幹線道路が集中する一点集中型幹線道路網となっており、九州内でも有数の交通渋滞が発生しているため、放射環状型幹線道路網の整備を進めています。
ご指摘のとおり、道路交通網の整備は、交通量を一定増加させることも予想されますが、交通渋滞の解消による移動時間の短縮や走行速度の平準化は、自動車排気ガスの削減等、環境負荷の低減が期待できるものと考えています。

4 意見を取り入れて修正した内容

いただいたご意見を踏まえまして、「3 提出意見の具体的概要」の「長崎市の考え方」で記載のとおり修正いたしました。なお、P60「3.(1)市役所の取組み」の部分につきましては、修正はしていませんが、今後「環境に配慮したまちづくり」をすすめていくうえで、貴重なご意見として参考とさせていただきます。

お問い合わせ先

環境部 環境政策課 

電話番号:095-829-1156

ファックス番号:095-829-1218

住所:長崎市桜町6-3(別館4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ