ここから本文です。

ヒアリに注意!

更新日:2017年7月25日 ページID:030102

博多港でヒアリ発見

 環境省は7月21日、強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」数十匹が、博多港(福岡市)のコンテナヤードで見つかったと発表しました。九州で確認されたのは初めてで、国内では、これまでに茨城、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫で見つかっています。
 これまでのところ、周辺で他に見つかっていないことから、環境省は定着・繁殖している可能性は低いとみています。ヒアリは、輸入や飼育を規制する「特定外来生物」に指定されています。
 なお、長崎市内においては、現在のところヒアリは確認(長崎県による目視調査)できていない状況です。

あやしいアリがいたら、近づかない、素手で触らないようにしましょう!

大きさや特徴

・体長2.5mm~6mm。(大きさにバラつきがある。)
・赤茶色でツヤツヤしている。
・土でアリ塚を作って住むこともある。(土で大きなアリ塚を作る日本の在来種はいない。)
・南アメリカ原産ですが、米国をはじめ中国、台湾、オーストラリアなどに定着している。

生態:生息地など

・公園や農耕地など開けた場所に営巣する。
・食性は雑食性で、節足動物、トカゲなどの小型脊椎動物、甘露、樹液、花蜜、種子など。
・極めて攻撃的で、節足動物のほか爬虫類、小型哺乳類をも集団で攻撃し、捕食することで知られる。

被害を受けた場合の対処法 ≪刺された時に熱い!と感じるような激しい痛みがある≫

○刺された直後の対処法
・20~30分程度、安静にし、体調の変化がないか注意。
・症状が悪化しない場合には、ゆっくりと病院を受診。

○症状が悪化する場合
・一番近い病院を受診する(救急受入のある病院が望ましい)
・「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝え、すぐに治療してもらう。

環境省が公表した情報や参考となる資料

●ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺された時の対処方法等の参考)
 www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf

●広報チラシ「ヒアリに注意」 大人用こども用

●広報チラシ「ヒアリに気をつけて」

お問い合わせ先

環境部 環境政策課 

電話番号:095-829-1156

ファックス番号:095-829-1218

住所:長崎市桜町6-3(別館4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く