ここから本文です。

アカウミガメの産卵情報について

更新日:2017年9月14日 ページID:004025

アカウミガメの産卵情報について

1 産卵した場所及び時期

【21年度】
高浜海水浴場:長崎市高浜町

平成21年5月18日、6月8日に高浜海水浴場砂浜で、アカウミガメが上陸し産卵しました。

かきどまり白浜海水浴場:長崎市柿泊町
平成21年7月2日に長崎市柿泊町かきどまり白浜海水浴場砂浜で、アカウミガメが上陸し産卵しました。

【26年度】
脇岬海水浴場:長崎市脇岬町
平成26年6月28日、7月20日頃に脇岬海水浴場砂浜で絶滅危惧1A類(CR)に属するアカウミガメが上陸し産卵しました。

【29年度】
脇岬海水浴場:長崎市脇岬町
 平成29年7月12日~13日頃に脇岬海水浴場砂浜で絶滅危惧1A類(CR)に属するアカウミガメが上陸し産卵しました。

2 ふ化の時期

 アカウミガメの卵は、天候(気温、日射量等)によって影響されますが、約60日でふ化するといわれています。上記、産卵によるふ化した時期は次の通りです。

【21年度】
高浜海水浴場:長崎市高浜町

  • 5月18日に産卵…8月5日からふ化が始まりました。
  • 6月8日に産卵…8月9日からふ化が始まりました。

かきどまり白浜海水浴場:長崎市柿泊町

  • 7月2日に産卵…ふ化は不明です。

【26年度】
脇岬海水浴場:長崎市脇岬町

  • 6月28日に産卵…7月9日の台風による影響で産卵場が水没し、ふ化したかは不明です。
  • 7月20日頃に産卵…9月20日頃からふ化が始まりました。

【29年度】
脇岬海水浴場:長崎市脇岬町

  • 7月12日~13日頃に産卵…8月27日からふ化が始まりました。

3 子ガメの生態

  •  砂から脱出した子ガメは海を目指していく間に方向や磁場との関係を学習するので、自力で歩かせることが必要です。
  •  ふ化した子ガメは、地表面近くに待機し夜に出てきます。最初に砂からはい出した日から1~2週間後にはい出す個体もあります。
  •  子ガメは、明るい方向に向かっていきます。(よって、夜間に陸側よりも明るい海を確認することができます。)

4 注意事項

 観察する際には、上記の生態上、子ガメにはみだりに触れず、照明・フラッシュは控えてください。砂浜等についても凹凸を残すなど荒らさないでください。
 卵から生まれた個体が懸命に海に戻っていきます。やさしく見守ってください。

アカウミガメの写真を見ることができます!

アカウミガメの分布、生息環境
アカウミガメの卵
アカウミガメが産卵のために浜に上陸したあしあと

お問い合わせ先

環境部 環境政策課 

電話番号:095-829-1156

ファックス番号:095-829-1218

住所:長崎市桜町6-3(別館4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ