ここから本文です。

長崎市緑化基金補助金制度

更新日:2017年10月1日 ページID:008837

長崎市緑化基金補助金制度

花と緑を増やしませんか!

費用の半分を市が負担します(限度額あり)

長崎市では、民有地の緑化を促進し、緑豊かな潤いのある街をつくるため、長崎市緑化基金を設置し、つぎの補助事業を行っております。
あなたの家庭や職場に地球環境にも貢献する美しい緑を増やしませんか。

家庭や職場の緑化(補助の対象)

補助対象はつぎのとおりです

住宅の緑化(本市の市街化区域であること。)

生垣をつくるとき(生垣設置)

道路に面する場所に設置し、道路から眺望できるもの。

生垣の総延長は3メ-トル以上とし、植栽する樹木の高さはおおむね1メ-トル以上で、延長1メ-トルにつき3本以上植えること。

樹木を植えるとき(樹木植栽)

道路に面する場所に設置し、道路から眺望できるもの。

ツタなどを植えるとき(壁面緑化)

道路に面する場所に設置し、道路から眺望できるもの。

石垣、擁壁、塀、フェンス、建築物の壁面等に設けられるもの。

植栽延長は3メ-トル以上とし、延長1メ-トルにつき5本以上植えること。

事業所の緑化(本市の市街化区域であること。)

工場、事業所、商店、私立学校、社会福祉法人等の私有地。

道路に面する場所に設置し、道路から眺望できるもの。

樹木、芝等の植栽または生垣の設置、壁面緑化を行うもの。

シンボルツリーは、特に市が認めたもの。
(補足)生垣設置、壁面緑化については、「住宅の緑化」の項目参照。

屋上の緑化  (屋上の緑化については屋上緑化事業区域に限る(PDF形式:500KB))

都心部の私有地における建物の屋上、バルコニー、または人工地盤等に植栽面積2平方メートル以上の緑化を行うもの。

フラワーポット等を利用する場合は、簡単に移動できないもの。

※注意

補助金の交付を受けた者は、5年以上緑化の維持に努めること。

申請書は、毎年度3月1日までに提出して下さい。

実績報告書は、事業完了後30日以内(平成29年度末は3月23日まで)に提出して下さい。

家庭や職場の緑化(補助の金額)

補助金は工事費の2分の1以内で、次の条件があります。

住宅の緑化

生垣をつくるとき 植栽延長1メ-トル当り4,000円以内 限度額40,000円

樹木を植えるとき 樹木1本当り20,000円以内 限度額40,000円

ツタなどを植えるとき 植栽延長1メ-トル当り1,000円以内 限度額30,000円

生垣や樹木植栽のため、ブロック塀などを取り壊すとき 取り壊す塀の面積1平方メートル当り3,000円以内 限度額45,000円

事業所の緑化

1件あたり限度額200,000円

生垣をつくるとき 植栽延長1メ-トル当り4,000円以内 

樹木を植えるとき 樹木1本当り20,000円以内

ツタなどを植えるとき 植栽延長1メ-トル当り1,000円以内

シンボルツリーを植えるとき 樹木1本当り200,000円以内

芝、地被類を植えるとき 植栽延長1平方メートル当り1,000円以内

生垣や樹木植栽のため、ブロック塀などを取り壊すとき 取り壊す塀の面積1平方メートル当り3,000円以内

屋上の緑化

樹木、芝等で緑化するとき 植栽面積1平方メートル当り20,000円以内 限度額1,000,000円

補助金の申し込み手続き

補助金交付の手続きは、つぎのとおりです。

緑化補助のフロー3

 事前に申請書を提出し、補助金交付決定後に工事着手すること。(厳守)

申請書は本ページからダウンロードできます。

(注意)申請書を提出してから交付決定までおおむね2週間かかります。

参考(平成28年度 長崎市緑化基金補助金(屋上緑化)制度に関するアンケート集計結果)

屋上緑化アンケート結果

~屋上緑化に関するご意見~

知人と園芸の話で交流が出来て老化防止に大変役に立っているので感謝している。

リラックス空間を作ることができ、ゆとりを持ったライフスタイルで過ごすことができている。

施工後のアドバイス、提言指導をいただけたら有難いと思う。

緑豊かな潤いのある街づくりには大きく役立っていると思う。地球温暖化・空調費用の軽減にも役に立ち潤いの場になっているが維持管理に手間がかかり漏水が心配。

雑草取り等維持に手がかかるが、冬期の保温に効果があり満足している。

参考(屋上緑化の整備のポイント等を紹介したガイドブック)

国土交通省作成 「緑による建物の魅力アップガイド」(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

土木部 土木総務課 

電話番号:095-829-1162

ファックス番号:095-829-1229

住所:長崎市桜町2-22(本館5階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ