ここから本文です。

長崎市上下水道事業マスタープラン2015の公表

更新日:2015年12月18日 ページID:027886

長崎市上下水道事業マスタープラン2015

計画の背景と目的

長崎市においては、平成16年4月に水道事業と下水道事業の組織を統合し、効率的な事業運営に努めてきました。また、平成17年と18年に近隣7町と合併し、新しい長崎市としてスタートしました。
長崎市上下水道局では、合併後の平成19年10月に平成28年度までの10年間を計画期間とする「長崎市上下水道事業マスタープラン」を策定し、新しい長崎市の上下水道事業が目指すべき将来の方向性を示しました。
現在、このマスタープランの策定から8年が経過し、その間、人口減少・少子高齢化や東日本大震災による被災など、わたしたちを取り巻く社会・経済情勢の変化には著しいものがありました。
また、マスタープランの上位計画である長崎市第四次総合計画の策定が行われたほか、国においても、新水道ビジョンや新下水道ビジョンが策定され、上下水道事業の現状と課題、社会経済情勢の変化や将来を見通した上で、今後の取り組むべき施策等が示されました。
長崎市の上下水道事業も人口減少などに伴う水需要が減少していくなかで、更新需要が増していく上下水道施設の維持管理や老朽化対策・災害対策など取り組むべき課題が山積しています。このようなことから、平成19年度に策定したマスタープランを見直し、これからの上下水道がより発展的に持続するため、長期的な視野を持って取り組んでいくスタートの10年間として必要な方向性及び基本的な施策等を示す、新しい「長崎市上下水道事業マスタープラン2015」を策定しました。

全文版及び概要版

長崎市上下水道事業マスタープラン2015概要版

長崎市上下水道事業マスタープラン2015全文版
 

お問い合わせ先

上下水道局業務部 総務課 

電話番号:095-829-1203

ファックス番号:095-829-1205

住所:長崎市桜町6-3(別館2階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ