ここから本文です。

水道管、じゃ口、給湯器、メーターボックス内などの凍結に注意しましょう

更新日:2017年1月25日 ページID:028056

水道管、じゃ口、給湯器、メーターボックス内などの凍結に注意しましょう

水道管1水道管2気温が氷点下になると、水道管、じゃ口、給湯器、メーターボックス内などが凍結・破裂する場合があります。
特に、水道管がむき出しの場所、屋外にあるじゃ口や給湯器、北側で日が当たらない場所、風当たりの強い場所は注意が必要です。壁設置給水管   給湯器    メーターボックス内

防寒方法・凍結対策

※次の1.~4.の対策を同時に行うことによって、凍結防止の効果は高くなります。

1.壁などに設置しているむき出しの水道管、外水道の管、じゃ口などを保温する。

(1)壁などに設置しているむき出しの水道管、外水道の管、じゃ口などむき出しになっている水道管は直接冷気にさらされ、凍結しやすくなっています。

壁設置給水管
壁に設置しているむき出しの水道管

外水道
外水道の管とじゃ口

(2)タオルなどの古布、発泡スチロール、段ボール、梱包材、新聞紙や保温材(ホームセンター等で購入できます)など保温性のある物

保温材2  保温材  

(3)古布などや保温材を水道管に巻きつけます。壁などに接している場合は、接していない所を保温材で覆います。古布などは、テープやひもで固定します。

保温材3  保温材4 

(4)濡れやすいものを使用する場合は雨や雪で濡れないようビニールなどで覆ってください。ビニールテープなどで補強します。

保温材5  保温材6

(5)水道管の曲がりやじゃ口も、古布などで同じように対策しましょう。

蛇口保温5  蛇口保温3 

2.じゃ口から少量の水を出し続ける。
古布などや保温材で覆った管でも凍結する場合があります。
凍結防止のために、水道を使用しない時間帯は、浴槽等へ糸状に少し水を出しておくと、より凍りにくくなります。
ただし水道料金はかかりますので、溜まった水は洗濯等に再利用してください。

じゃ口少量放水
糸状に少し水を出し続けます。 
放流水浴槽
出し方によりますが、約12時間で約200リットル位たまります。

3.メーターボックス内
メーターボックスの中は空洞になっていて、冷気が入り込みます。
発泡スチロールや古布などを 濡れないようにビニール袋に詰めて、すき間にしきつめることで、直接冷気があたるのを防ぎます。

メーターボックス
メーターボックス外観 (量水器と書いています。)

メータボックス内保温
メーターボックス内に発泡スチロール、古布等を詰めた状況
(青が水道メーター 、黒がハンドル止水栓)

4.給湯器
給湯器内の配管など器具が凍結するおそれがあります。
給湯器のメーカーや取扱店のホームページを参考にするか、又は、直接問い合わせて対策を行ってください。

給湯器

それでも、凍ってしまった時は 

※対策をしていても凍る場合もありますので、あらかじめ飲料水等の確保を行っておくと安心です。

気温が上がり自然に溶けるのを待ちましょう。

凍って水が出ない時は1凍って水が出ない時は2または、凍った部分にタオル等を被せてゆっくりと「ぬるま湯」をかけてください。
(補足)熱湯をかけると破裂するおそれがありますので絶対にかけないでください。 





給湯器が凍結したときは、給湯器のメーカーや取扱店の指示に従ってください。

破裂してしまったら

  1. 水道管やじゃ口が破裂したときは、メーター器のハンドル止水栓を閉めて、長崎市指定給水装置工事事業者(新しいウィンドウで開きます)へ修理を依頼してください。
  2. 止水栓がわからなかったり、水が止まらない場合は、上下水道局給水課(095-826-9211)へ連絡してください。

メーター器のハンドル止水栓
メーターボックスの概要 
メーターボックス内

メーターボックス内(左の黒がハンドル止水栓 、右の青が水道メーター)
長崎ケーブルメディア「市っトクながさき」に出演し、対応策を説明しています。保温の仕方などをわかりやすく解説していますので、動画をご覧ください。

平成28年12月15日放送「水道管の凍結に備えましょう!」(新しいウィンドウで開きます)

ご家庭での漏水の発見方法

※ご家庭での漏水の発見方法については、「漏水発見方法」をクリックしてください。

お問い合わせ先

上下水道局事業部 給水課 

電話番号:095-826-9211

ファックス番号:095-829-1206

住所:長崎市桜町6-3(別館地下1階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ