ここから本文です。

寄附金活用事業

更新日:2017年8月31日 ページID:002152

平成28年にお寄せいただきました寄附金につきましては、皆様からご指定いただいた項目ごとに、平成29年度におきまして以下の事業に活用させていただきます。

1 平成29年度活用事業

活用目的

件数

活用金額

活用事業(事業費)及び内容

1 平和推進

1,159件

48,302,723円

  • 青少年平和交流費 (事業費:628,000円)
    市内中学生を対象とした沖縄派遣研修「少年平和と友情の翼」を実施し、「学び、伝える」ことで平和意識の高揚を図ります。 
  • 長崎原爆遺跡調査・研究費 (事業費:2,906,000円)
    長崎原爆遺跡(山王神社二の鳥居)周辺について、補完調査を継続して実施します。 
  • 「語り継ぐ家族の被爆体験(家族・交流証言)」推進費 (事業費:21,000,000円)
    家族の被爆体験を語り継いでいく「家族証言者」と共に「交流証言者」として被爆親族以外にも幅広く呼びかけ、被爆の実相の次世代への継承を推進します。 
  • ヒロシマ・ナガサキ平和アピール推進委員会負担金 (事業費:9,908,000円)
    広島、長崎両市が共同して、核兵器廃絶のための都市連携を世界に呼びかけ、平和意識啓発のための事業を実施します。
  • 第9回平和首長会議総会開催費負担金 (事業費:40,000,000円)
    4年に1回、広島市と交互に開催している平和首長会議総会を8月に長崎市で開催します。

2 歴史的文化的遺産の活用

877件

40,144,000円

  • 「明治日本の産業革命遺産」推進費 (事業費:48,194,000円)
    世界遺産委員会における勧告への対応、構成資産の保護措置及び世界遺産価値の理解促進を進めます。
  • 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録推進費 (事業費:22,768,000円)
    平成30年の世界遺産登録を目指し、イコモス現地調査の対応を行うとともに、重要文化的景観「外海の石積集落景観」の追加選定を進めます。
  • 世界遺産観光客受入費 (事業費:55,282,000円)
    世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」及び世界遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の観光客の円滑な受入態勢を整備します。
  • 伝統的建造物群保存活用費 (事業費:13,783,000円)
    東山手、南山手にある伝統的建造物の保存活用を行います。
  • 文化財保存整備費(国指定重要文化財旧長崎英国領事館) (事業費:500,000,000円)
    国指定重要文化財である旧長崎英国領事館が経年等のため劣化しており、保存修理、耐震補強を実施します(半解体修理)。

3 観光振興

578件

22,363,000円

  • 交通事業者連携事業費 (事業費:3,412,000円)
    交通事業者と連携し、積極的なPRを行うことで誘客を図ります。
  • 外国人観光客おもてなし施設運営費 (事業費:11,610,000円)  
    浜んまち商店街に免税手続き一括カウンター・トイレ・観光情報発信等の機能を備えた施設を設置し、外国人観光客がショッピング等を楽しむ環境を整えます。
  • 観光イルミネーション事業費 (事業費:17,101,000円)  
    グラバー園や大浦天主堂などを中心にイルミネーションを設置し、夜の賑わいを創出します。

4 高齢者支援

595件

29,095,000円

  • 高齢者安心火災警報器給付費 (事業費:6,100,000円)
    心身機能の低下に伴い防火等の配慮が必要な高齢者等に、屋外警報機能のある火災警報器を給付し、地域における支援体制を作ります。
  • 友愛訪問委託費 (事業費:10,358,000円)
    65歳以上の一人暮らし高齢者及び高齢者のみの世帯に対して民生委員が訪問し、日常生活の相談、助言等を行うとともに、新たに一人暮らしになった高齢者について実態調査を行い、その状況の把握に努め、地域における支援体制を整備します。 
  • 多機関型包括的支援体制構築モデル事業費 (事業費:29,990,000円)
    高齢、障害、子育て、生活困窮など多分野・多機関に渡る福祉分野に関連する相談に、ワンストップで対応するための相談窓口(多機関型地域包括支援センター)を設置し、福祉分野に関連する複合的な課題を抱える方へ適切な支援を提供します。
  • 在宅支援リハビリセンター推進費 (事業費:8,850,000円)
    高齢者や病弱者が心身機能の低下により介護を必要とするような状態になった場合、できる限り早い段階から適切なリハビリテーションが提供される体制を強化することで、高齢者や病弱者の日常生活の様々な活動の自立支援と心身機能低下の重度化予防を推進します。
  • ふれあい入浴デー事業費 (事業費:3,437,000円)
    高齢者同士がふれあう機会を提供し、福祉の増進に資するため、一般公衆浴場の無料開放します。
  • 避難行動要支援者支援費 (事業費:4,030,000円)
    災害時に避難をする際の要支援者の新規把握及び名簿の更新、関係機関への情報提供を行い、地域における支援体制を作ります。

5 教育・子育て支援

2,141件

93,715,000円

  • 放課後子ども教室推進費 (事業費:7,868,000円)
    放課後や週末等に放課後子ども教室を実施し、子どもたちの安全・安心な居場所づくりを推進します。
  • 国際理解教育推進費 (事業費:204,644,000円)
    様々な国の人と共に生きる豊かな心を育てるために、自国の文化や伝統を大切にすると共に、他国の歴史や文化について理解を深め、自ら進んで外国人と交流する国際感覚豊かな子供の育成を目指します。
  • キャリア教育推進事業費 (事業費:1,520,000円)
    将来の夢や希望を自らの言葉で語り、その実現に向けて努力する長崎っ子の育成として、様々な分野で活躍している人材を講師として学校に招き、出会いを通して、子どもたちの将来の夢を育むキャリア教育を推進します。
  • こども医療対策費 (事業費:805,700,000円)
    平成28年4月から小学校卒業まで対象を拡大して医療費の一部を助成しているものを、平成29年10月からは入院について、中学校卒業まで対象をさらに拡大します。

6 スポーツ振興

125件

5,130,000円

  • ジュニアスポーツ競技力向上対策費補助金 (事業費:15,733,000円)
    平成32年に開催される2020年東京オリンピック・パラリンピックを目標として、また、国民体育大会等の全国大会で優秀な成績を収めるため、ジュニア選手の競技力向上を図ります。

7 市長おまかせ

3,529件

139,797,001円

  • 地域コミュニティ推進費 (事業費:10,408,000円)
    地域の各種団体が連携し、一体的な運営を行う地域を支える新しいしくみづくりに取り組みます。
  • まちなか再生推進費(まちぶらプロジェクト) (事業費:23,342,000円)
    新大工から浜町・大浦に至るまちなか軸を中心とした5つのエリアの個性や魅力を顕在化し、賑わいの再生を図る「まちぶらプロジェクト」に重点的に取り組みます。
  • 恐竜博物館基本構想策定費 (事業費:7,222,000円)  
    長崎半島で発見された恐竜化石を市民の学習及び地域振興の資源として活用するため、野母崎田の子地区における恐竜博物館の建設に向けた基本構想を策定します。
  • 三京クリーンランド埋立処分場維持管理費(マットレス等の解体) (事業費:8,878,000円)  
    今まで埋め立てていたマットレスやソファーを、金属資源と燃やせるごみに解体分別することにより、埋立てごみを減らし、三京クリーンランド埋立処分場の延命化を図ります。
  • 定住促進空き家活用補助金 (事業費:18,478,000円)  
    戸建て空き家を移住・地域交流等での活用を目的として、リフォーム工事等を行う場合、費用の一部を助成し活用の支援を図ります。
  • 花のあるまちづくり事業費 (事業費:75,438,000円)  
    安らぎと潤いのある生活環境の創造と魅力的な観光都市づくりを目指し、年間を通して楽しめる四季折々の花を、市街地の主要な観光ルート等の道路花壇に植栽します。また、自治会等ボランティア団体と協働し、地域の道路花壇や公園花壇等の公共空間へ植栽することにより、地域の環境美化を図ります。
  • 長崎駅周辺エリアデザイン検討費 (事業費:45,595,000円)  
    平成34年度の新幹線開業に伴い大きくまちなみが変化する長崎駅周辺エリアを対象として、長崎駅周辺エリア内の施設相互間のデザイン調整や長崎駅舎・駅前広場等のデザイン検討を行います。
  • 災害対策活動費 (事業費:30,476,000円)  
    災害から住民の生命、身体及び財産を保護するために必要な災害対策活動を行います。

9,004件 378,546,724円

平成27年にお寄せいただきました寄附金につきましては、皆様からご指定いただいた項目ごとに、平成28年度におきまして以下の事業に活用させていただきます。

1 平成28年度活用事業

活用目的

件数

活用金額

活用事業(事業費)及び内容

1 平和推進

272件

10,783,112円

  • 青少年平和交流費(事業費:3,719,000円)
    市内中学生を対象とした沖縄派遣研修「少年平和と友情の翼」を実施し、「学び、伝える」ことで平和意識の高揚を図ります。
  • 米国国立公文書館原爆資料調査費(事業費:3,698,000円)
    米国国立公文書館に保管されている長崎原爆に関する資料について、継続して調査及び収集を行い、被爆の実相を後世に継承します。
  • 長崎原爆遺跡調査・研究費 (事業費:12,522,000円)
    長崎原爆遺跡(爆心地、旧城山国民学校校舎、浦上天主堂旧鐘楼、旧長崎医科大学門柱、山王神社二の鳥居)について調査を実施し、史跡指定を目指します。
  • 「語り継ぐ家族の被爆体験(家族・交流証言)」推進費 (事業費:1,602,000円)
    家族の被爆体験を語り継いでいく「家族証言者」と共に「交流証言者」として被爆親族以外にも幅広く呼びかけ、被爆の実相の次世代への継承を推進します。

2 歴史的文化的遺産の活用

162件

6,210,000円

  • 「明治日本の産業革命遺産」推進費  (事業費:87,662,000円)
    構成資産である高島炭鉱(高島炭坑・端島炭坑)等のアクションプランを策定するとともに、端島(軍艦島)整備基金の充実やインフォメーション施設の整備等により世界遺産価値の理解促進を図ります。
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」登録推進費  (事業費:21,201,000円)
    構成資産及び関連資産を適切に保存するため、資産の調査や整備を行うとともに、来訪者受入態勢の充実や市民への周知啓発により気運の醸成を図ります。
  • 文化財保存整備事業費(国指定重要文化財旧グラバー住宅)  (事業費:16,600,000円)
    旧グラバー住宅の保存修理に向けた耐震診断を実施します。

3 観光振興

131件

4,233,000円

  • 交通事業者連携事業費  (事業費:19,271,000円)
    交通事業者と連携し、JRグループと自治体協働で実施する大型観光キャンペーン「長崎デスティネーションキャンペーン」の経費の一部や、交通事業者が実施する九州誘客キャンペーンの一部を負担することで誘客を図ります。

4 高齢者支援

133件

6,209,000円

  • 高齢者安心火災警報器給付費 (事業費:6,007,000円)
    心身機能の低下に伴い防火等の配慮が必要な高齢者等に、屋外警報機能のある火災警報器を給付し、地域における支援体制を作ります。 
  • 友愛訪問委託費 (事業費:9,939,000円)
    65歳以上の一人暮らし高齢者及び高齢者のみの世帯に対して民生委員が訪問し、日常生活の相談、助言等を行うとともに、新たに一人暮らしになった高齢者について実態調査を行い、その状況の把握に努め、地域における支援体制を整備します。

5 教育・子育て支援

322件

14,155,000円

  • 放課後子ども教室推進費 (事業費:8,450,000円)  
    放課後や週末等に放課後子ども教室を実施し、子どもたちの安全・安心な居場所づくりを推進します。
  • 国際理解教育推進費 (事業費:208,372,000円)
    様々な国の人と共に生きる豊かな心を育てるために、自国の文化や伝統を大切にすると共に、他国の歴史や文化について理解を深め、自ら進んで外国人と交流する国際感覚豊かな子供の育成を目指します。

6 スポーツ振興

28件

1,175,000円

  • ラグビーワールドカップキャンプ交流事業費 (事業費:11,514,000円)
    ラグビーワールドカップ2019において事前キャンプを予定しているスコットランドとの交流事業を行い、国際性を有する青少年の健全育成及びスコットランド代表チームを市全体で歓迎するための機運の醸成を図ります。

7 市長おまかせ

500件

19,966,000円

  • 地域コミュニティ推進費 (事業費:10,777,000円)
    地域が自ら考え、行動し、「自分たちのまちは自分たちでよくする」ための、新しいしくみづくりに取り組みます。
  • まちなか再生推進費(まちぶらプロジェクト) (事業費:23,324,000円)
    新大工から浜町・大浦に至るまちなか軸を中心とした5つのエリアの個性や魅力を顕在化し、賑わいの再生を図る「まちぶらプロジェクト」に重点的に取り組みます。

1,548件62,731,112円

平成26年にお寄せいただきました寄附金につきましては、皆様からご指定いただいた項目ごとに、平成27年度におきまして以下の事業に活用させていただきます。

1 平成27年度活用事業

活用目的

件数

活用金額

活用事業(事業費)及び内容

1 平和推進

35件

1,127,000円

  • 「語り継ぐ家族の被爆体験(家族証言)」推進費(事業費:2,210,000円)
    被爆者から被爆二世三世等への被爆体験の継承を支援することにより、被爆の実相を次世代へ継承する。被爆者へのインタビュー、記録、講話原稿等作成支援
  • 米国国立公文書館原爆資料調査費(事業費:7,482,000円)
    米国国立公文書館に保管されている長崎原爆に関する資料について、継続して調査及び収集を行い、被爆の実相を後世に継承します。

2 歴史的文化的遺産の活用

26件

1,154,000円

  • 「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連遺産」登録推進費(事業費:104,860,000 円)
     「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成遺産である高島炭鉱を適正に保存するための整備活用計画の策定、及び平成27年夏頃の世界遺産登録決定に向け、市民の機運醸成を図ります。
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」登録推進費(事業費:33,690,000 円)
    平成28年度の世界遺産登録を目指している「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について、平成27年夏頃に予定されているイコモスの現地調査への対応を行うとともに、受入態勢の充実や市民の機運醸成を図ります。
  • 文化財保存整備事業費(国指定重要文化財旧グラバー住宅)(事業費:13,500,000円)
    旧グラバー住宅の耐震診断を実施します。

3 観光振興

9件

321,000円

  • 観光イルミネーション事業費 (事業費:19,173,000円)
    長崎を代表する観光地や長崎港などをライトアップすることで、その地の顕在化はもとより賑わいの創出を図ります。

4 高齢者支援

22件

1,053,000円

  • 避難行動要支援者支援費 (事業費:8,941,000円)
    災害時に避難をする際の要支援者の新規把握及び名簿の更新、関係機関への情報提供を行い、地域における支援体制を作ります。
  • 友愛訪問委託費(事業費:9,809,000円)
    65歳以上の一人暮らし高齢者及び高齢者のみの世帯に対して民生委員が訪問し、日常生活の相談、助言等を行うとともに、新たに一人暮らしになった高齢者について実態調査を行い、その状況の把握に努め、地域における支援体制を整備します。

5 教育・子育て支援

18件

784,000円

  • 子育て応援情報発信費(事業費:602,000円)
    子育て家庭への情報発信の強化と利便性を高めるため、子ども・子育ての関連情報を一元化し、ホームページや携帯サイトで情報発信します。
  • 子どもを守る取組推進費(事業費:1,177,000円)
    いじめ、児童虐待、体罰等から子どもを守るため、広報、啓発を行うとともに、関係機関との連携を図る連絡協議会や専門的かつ客観的見地からの調査等を行う専門委員会を設置するなど、子どもが安心して生活し、学べる環境を整えます。

6 スポーツ振興

6件

210,000円

  • ジュニアスポーツ競技力向上対策費補助金(事業費:15,094,000円)
    平成32年に開催される2020年東京オリンピック・パラリンピックを目標として、また、国民体育大会等の全国大会で優秀な成績を収めるため、ジュニア選手の競技力向上を図ります。

7 市長おまかせ

28件

4,024,000円

  • まちなか再生推進費(まちぶらプロジェクト)(事業費:8,200,000円)
    まちなかの魅力の一つである界隈性に着目し裏路地の魅力を活用した取り組みを行います。(銅座エリアまちづくり構想策定 ・丸山魅力向上 ・長崎町家マップ作成)
  • 地域コミュニティ推進費(地域コミュニティ活性化事業費補助金)(事業費:6,890,000円)
    地域コミュニティの活性化に向けて、地域運営に必要とされる知識やスキル等の習得を行う場を提供し、話し合う場づくりやリーダーの育成を通じた地域マネジメント力の強化を図ります。(わがまちみらい工房の実施(講師を地域に派遣しワークショップ等を行う)、わがまちみらいマネジメント講座(地域活動のリーダー等を対象として地域コミュニティ活性化に向けた講座等を開催する))

144件 8,673,000円

平成25年にお寄せいただきました寄附金につきましては、皆様からご指定いただいた項目ごとに、平成26年度におきまして以下の事業に活用させていただきます。

1 平成26年度活用事業

活用目的

件数

活用金額

活用事業(事業費)及び内容

1 平和推進

7件

525,000円

  • 「語り継ぐ家族の被爆体験(家族証言)」推進費(事業費:1,996,000円)
    被爆者へのインタビュー、記録、講話原稿等作成支援、講和のための研修会実施、家族証言者リスト作成

2 歴史的文化的遺産の活用

8件

1,155,000円

  • 「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連遺産」登録推進費(事業費:69,945,000円)
    平成27年の世界遺産登録に向けユネスコに推薦された「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」について、イコモスの現地調査への対応など、関係自治体とともに世界遺産登録を推進します。
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」登録推進費(事業費:24,534,000円)
    平成28年度の世界遺産登録を目指している「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について、関係自治体とともに世界遺産登録を推進します。
  • 東山手・南山手地区魅力向上費(事業費:792,000円)
    国の重要点伝統的建造物保存地区である東山手・南山手地区全体の今後のまちづくりの方向性を洋館の活用も含めて検討し、策定したプランに基づき、事業を行います。
  • 出島表門橋整備推進費(事業費:708,000円)
    平成28年度10月供用開始予定の史跡「出島和蘭商館跡」の第3)期建造物6棟復元に併せ、架橋を目指している出島表門橋の設計や対岸の中島川公園内に設置する橋台と一体的な周辺整備を行うためのデザインの検討等を行います。

3 観光振興

5件

108,000円

  • 夜景ナビゲーター育成費(事業費:1,491,000円)
    長崎の夜景ガイドを行う「夜景ナビゲーター」の新規教育及び既登録者のスキルアップを行い、夜景観光の充実を図ります。

4 高齢者支援

4件

290,000円

  • 災害時要援護者支援事業費 (事業費:4,532,000円)
    一人暮らし高齢者や認知症高齢者の孤独死防止のため、見守りや声掛けを行う近隣の協力者を登録します。

5 教育・子育て支援

5件

220,000円

  • 子育て応援情報発信費(事業費:606,000円)
    子育て家庭への情報発信の強化と利便性を高めるため、子ども・子育ての関連情報を一元化し、ホームページや携帯サイト情報発信します。
  • 子どもを守る取組推進費(事業費:882,000円)
    いじめ、児童虐待、体罰等から子どもを守るため、広報、啓発を行うとともに、関係機関との連携を図る連絡協議会や専門的かつ客観的見地からの調査等を行う専門委員会を設置するなど、子どもが安心して生活し、学べる環境を整えます。

6 スポーツ振興

-件

-円

7 市長おまかせ

15件

1,523,000円

  • まちなか再生推進費(まちぶらプロジェクト)(事業費:14,300,000円)
    まちなかの回遊性を高め、新大工から浜町・大浦に至るまちなか軸の活性化を中心とした「まちぶらプロジェクト」に重点的に取り組みます。(まちぶらプロジェクトの発信、築町憩い空間の形成、歩行者にやさしい道路のかたち社会実験、旧消防官舎跡地のフリースペース化、長崎町家の情報発信)
  • 地域コミュニティ推進費(地域コミュニティ活性化事業費補助金)(事業費:13,310,000円)
    地域の主体性、自立性を尊重した地域コミュニティの活性化と、地域の課題解決の取組みを推進するため、地域の主要な団体等が集まる場(地域円卓会議)の開催支援などに取り組みます。

44件 3,821,000円

平成24年にお寄せいただきました寄附金につきましては、皆様からご指定いただいた項目ごとに、平成25年度におきまして以下の事業に活用させていただきました。

1 平成25年度活用事業

活用目的

件数

活用金額

活用事業(事業費)及び内容

1 平和推進

5件

365,000円

  • 平和学習活動費(事業費:1,630,000円)
    絵本「ふりそでの少女」を平和紙芝居として300部作成し、全小中学校等に配布、平和学習教材として活用します。 
  • 原爆被災説明板設置費(事業費:948,000円)
    西町踏切付近に救護列車及び金比羅公園に被災状況に関する説明板を設置します。

2 歴史的文化的遺産の活用

3件

115,000円

  • 「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連遺産」登録推進費(事業費:40,134,000円)
    平成27年度の世界遺産登録を目指している「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連遺産」について、関係自治体とともに世界遺産登録を推進します。
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」登録推進費(事業費:24,534,000円)
    平成28年度の世界遺産登録を目指している「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について、関係自治体とともに世界遺産登録を推進します。

3 観光振興

3件

192,000円

  • 観光イルミネーション事業費(事業費:4,000,000円) 
    長崎を代表する観光地や長崎港などの水際をライトアップし、賑わいの創出を図ります。

4 高齢者支援

7件

550,000円

  • 災害時要援護者支援費(事業費:3,474,000円)
    一人暮らし高齢者や認知症高齢者の孤独死防止のため、見守りや声掛けを行う近隣の協力者を登録します。
  • 障害者・高齢者歯科保健費(事業費:2,991,000円)

    施設等での歯科検診・指導など地域連携口腔ケア事業を実施します。 

5 教育・子育て支援

3件

553,500円

  • 子育て応援情報発信費(事業費:1,420,000円)
    子ども・子育ての関連情報を一元化し、ホームページや携帯サイトで情報を発信します。
  • 子どもイキイキ体験推進費(事業費:882,000円)

    夏休み期間中を中心とした体験活動情報誌を作成します。

  • ながさき子ども体験推進費(事業費:9,812,000円)

    ふるさと長崎でしかできない自然体験や社会体験学習、交流学習を推進し、豊かな体験を通じて社会性や豊かな人間性を育みます。

6 スポーツ振興

2件

100,000円

  • 大会競技用備品整備費(事業費:3,179,000円)
    平成26年の長崎国体の開催に向けて、競技開催予定の施設において必要な備品等の整備を行います。 

7 市長おまかせ

25件

1,595,970円

  • まちなか再生推進費(まちぶらプロジェクト)(事業費:22,391,000円)
    まちなかの魅力の一つである界隈性に着目し裏路地の魅力を活用した取り組みを行います。 
  • 地域コミュニティ推進費(地域コミュニティ活性化事業費補助金)(事業費:10,005,000円)
    住民の主体的な参画と行政との協働により、地域住民がまちづくりを進めていくことができるよう、地域コミュニティの活性化を図ります。 

計 48件 3,471,470円

平成23年にお寄せいただきました寄附金につきましては、皆様からご指定いただいた項目ごとに、平成24年度におきまして以下の事業に活用させていただきました。

1 平成24年度活用事業

活用目的

件数

活用金額

活用事業(事業費)及び内容

1 平和推進

15件

1,110,000円

  • ヒロシマ・ナガサキ平和アピール推進委員会負担金(事業費:14,816,000円)
    ヒロシマ・ナガサキ原爆写真ポスター更新費
  • 防空壕保存整備事業費(平和公園防空壕群)(事業費:3,000,000円)
    平和公園防空壕群の保存整備に係る設計委託

2 歴史的文化的遺産の活用

6件

170,000円

  • 出島建造物復元基本設計費(事業費:15,290,000円)
    出島史跡内の筆者部屋など6棟の建造物復元(平成23年~平成24年)
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」登録推進費(事業費:26,431,000円)
    世界遺産暫定一覧表に掲載されている「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について、長崎県及び他市町とともに世界文化遺産登録を推進する。

3 観光振興

5件

146,000円

  • 長崎さるく推進費(事業費:3,192,000円)
    石碑説明板4ヶ国語表記を整備し、長崎の魅力とまち歩きの楽しさを向上する。

4 高齢者支援

5件

335,000円

  • 災害時要援護者支援費(事業費:7,626,000円)
    一人暮らし高齢者や認知症高齢者の孤独死防止のため、見守りや声掛けを行う近隣の協力者を登録する。
  • 要援護高齢者等ふれあい配食支援費(事業費:9,851,000円)
    低所得者に対する配食サービスを週6回から14回に拡大する。

5 教育・子育て支援

7件

270,000円

  • 児童センター・児童館運営費、子ども広場運営費(※親子広場開設分)(事業費:2,432,000円)
    開館時間を早めて、親子のふれあいの場を開設する。
  • 国際理解教育推進費(事業費:127,515,000円)
    外国人英語指導助手を増員し、国際感覚豊かな子どもたちを育成する。

6 スポーツ振興

1件

50,000円

  • 長崎がんばらんば国体施設整備事業費(事業費:758,600,000円)
    平和公園(ラグビー・サッカー場、総合運動公園(かきどまり庭球場)、市民会館(体育館照明)ほかの施設整備

7 市長おまかせ

15件

385,000円

  • まちなか再生推進費(事業費:13,600,000円)
    まちなみ整備助成など歩いて楽しいまちづくりを推進する。
  • アジア・国際観光客誘致対策費(事業費:37,682,000円)
    東アジア地域からの観光客増加と上海航路の利用促進を目的とした受入態勢整備と誘致活動。
  • 地域コミュニティ推進費(事業費:2,400,000円)
    地域コミュニティの活性化を図るため、住民の主体的な参画と行政との協働の仕組みについて検討する。

計 54件 2,466,000円

平成22年にお寄せいただきました寄附金につきましては、皆様からご指定いただいた項目ごとに、平成23年度におきまして以下の事業に活用させていただきました。

2 平成23年度活用事業

活用目的

件数

活用金額

活用事業(事業費)及び内容

1 平和推進

3件

390,000円

  • 平和学習教材費(事業費:936,579円)
    平成21~22年度に作成した平和紙芝居「瞳の中の子どもたち」をデジタル化してDVDを製作し、平和学習に活用するとともに、ホームページに公開して情報発信を図ります。

2 歴史的文化的遺産の活用

5件

125,000円

  • 建造物復元基本設計費(事業費:6,550,000円)
    出島史跡内の筆者部屋など6棟の建造物を復元します。

3 観光振興

4件

67,000円

  • 長崎さるく推進費(事業費:3,783,615円)
    まち歩き観光「長崎さるく」の推進・定着のため、遊さるく説明板等の設置・改修を行い、まち歩きの利便性を向上させ、長崎の観光振興を図ります。

4 高齢者支援

5件

540,000円

  • 災害時要援護者支援事業費(事業費:481,902円)
    災害避難時に援護を必要とする高齢者を把握し、地域の支援者と情報を共有することで、安全・安心な暮らしを実現します。

5 教育・子育て支援

6件

260,000円

  • 子育て応援情報発信事業費(事業費:2,958,447円)
    子育て家庭への情報発信の強化と利便性を高めるため、子ども・子育ての関連情報を一元化し、ホームページや携帯サイトを開設するとともに、子育てガイドブックのリニューアルを行います。

6 スポーツ振興

実績なし

実績なし

実績なし

7 市長おまかせ

18件

2,030,000円

  • 游学都市・ながさき推進費(事業費:2,874,458円)
    学生の人間的成長を高め、併せて学生と地域との連携を図る長崎大学「やってみゅーでスク」の学生ボランティアの活動について、長崎地域の7大学で取り組むことにより長崎の大学で学ぶ魅力の向上を図ります。

計 41件 3,412,000円

平成21年度にお寄せいただきました寄附金につきましては、皆様からご指定いただいた項目ごとに、平成22年度におきまして以下の事業に活用させていただきました。

3 平成22年度活用事業
活用目的 件数 活用金額 活用事業(事業費)及び内容
1 平和推進 6件 150,400円
  • 原爆資料館収蔵資料インターネット公開事業費(事業費:1,625,710円)
    被爆の実相を全世界に向けて発信するため、原爆資料館の収蔵資料を年次的・段階的にインターネットで公開します。
1 平和推進 30,000円
  • 平和記念式典行事費(事業費:45,373,391円)
    被爆65周年の節目となる平和記念式典に国連機関や核保有国をはじめ多くの国々の代表を招へいすることにより、核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現を訴えます。
2 歴史的文化的遺産の活用 7件 250,000円
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」登録推進事業費(事業費:28,997,417円)
    世界遺産暫定一覧表に掲載されている「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について、長崎県及び他市町とともに世界文化遺産登録を推進します。
3 観光振興 2件 80,000円
  • 長崎さるく英雄編事業共催費負担金(事業費:39,067,790円)
    「龍馬伝」の放送に合わせ、昨年開催した「長崎さるく幕末編」の実績を活かして、龍馬をはじめ長崎で功績を残した人物にスポットを当てた「長崎さるく英雄(ヒーロー)編」を開催します。
4 高齢者支援 4件 240,000円
  • 障害者・高齢者歯科保健事業費(事業費:8,153,662円)
    寝たきりや障害のため歯科医療機関を受診できない方に対して、歯科医師が在宅訪問し歯科保健指導を行います。また市民及び医療保険福祉従事者を対象とした口腔ケア研修会を開催します。
5 教育 8件 236,000円
  • ふるさと長崎体験推進事業費(事業費:2,936,025円)
    ふるさと長崎でしかできない、また自分の地域では体験できない自然体験学習や社会体験学習を推進し、豊かな体験を通じて社会性や豊かな人間性を育みます。
5 子育て支援 236,000円
  • 子どもイキイキ体験推進事業費(事業費:950,693円)
    イキイキとした子どもたちを育てる体験活動を推進するため、体験活動情報誌の作成を通じた人材等の情報提供を行います。
6 スポーツ振興 1件 75,000円
  • 第69回国民体育大会施設整備事業費(事業費:39,400,000円)
    平成26年(2014年)の第69回国民体育大会「長崎国体」の開催に向けて、かきどまり陸上競技場などの施設整備を行います。
7 市長おまかせ 19件 870,000円
  • まちなか再生推進費(事業費:23,993,421円)
    「歩いて楽しいまちづくり」を進めるため、新大工方面から大浦方面に至る一本道、いわゆるまちなか軸(長崎の歴史・文化の軸)を中心に、デザイン性、快適性を考慮したまちづくりに取り組みます。

計 47件 2,167,400円

平成20年度にお寄せいただきました寄附金につきましては、皆様からご指定いただいた項目ごとに、平成21年度におきまして以下の事業に活用させていただきました。

4 平成21年度活用事業

活用目的

件数

活用金額

活用事業(事業費)及び内容

1 平和推進

5件

405,000円

  • 長崎から伝える平和の紙芝居コンクール事業費(事業費:1,829,435円)
    「長崎から伝える平和」をテーマに全国から紙芝居を募集し、原爆や平和について次世代へ被爆体験や戦争体験の継承を図ります。

2 歴史的文化的遺産の活用

6件

131,000円

  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」登録推進事業費(事業費:19,663,675円)
    世界遺産暫定一覧表に掲載されている「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について、長崎県及び他市町とともに世界文化遺産登録を推進します。

3 観光振興

2件

40,000円

  • さるく観光幕末編事業費(事業費:178,921,000円)
    2009年安政の開港150周年と2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」等を活かしたまちづくりを推進するため、幕末の長崎をテーマとしたまち歩き、石碑等の整備や洋館の活用等からなる「長崎さるく幕末編」を実施します。

4 高齢者支援

8件

340,000円

  • 健康診査費(歯周疾患検診の対象拡大)(事業費:232,425円)ほか
    歯周疾患検診について、現行の30歳、40歳、50歳、60歳、70歳に80歳を加え、対象者の拡大を図ります。

5 教育

11件

305,000円

  • ふるさと長崎体験推進事業費(事業費:2,887,032円)
    地域間交流を趣旨趣旨として、ふるさと長崎でしかできない、また自分の地域では体験できない自然体験学習や社会体験学習を推進し、豊かな体験を通じて社会性や豊かな人間性を育みます。
5 子育て支援

305,000円

  • 子どもイキイキ体験推進事業費(事業費:845,712円)
    イキイキとした子どもたちを育てる体験活動を推進するため、体験活動情報誌の作成を通じた人材等の情報提供を行います。

6 スポーツ振興

実績なし

実績なし

実績なし

7 市長おまかせ

17件

1,243,000円

  • 地球温暖化対策推進事業費(事業費:1,617,878円)
    長崎市地球温暖化対策実行計画の着実な実行を図るため、省エネルギー行動の推進など二酸化炭素排出削減に関する施策を実施します。(緑のカーテン普及活動、地球温暖化防止に係る出前講座開催等)
7 市長おまかせ

20,000円

  • 長崎街道シュガーロード展開事業費(事業費:3,733,205円)
    長崎街道沿いの8市が連携し、砂糖食文化を活かした物産展やまち歩き(シュガーロードさるくツアー)等を行い、地域の活性化や消費拡大を図るとともに「食」発信を共同で進めます。
    〔長崎市、諫早市、大村市、嬉野市、武雄市、小城市、佐賀市、北九州市〕

 計 49件 2,789,000円

がんばらんば応援に戻る

お問い合わせ先

商工部 ふるさと納税推進室 

電話番号:095-829-1296

ファックス番号:095-829-1151

住所:〒850-0031 長崎市桜町4-1(長崎商工会館4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く