ここから本文です。

市外から引っ越してきたら(転入届)

更新日:2017年10月10日 ページID:000428

市外から引っ越して来たら(転入届)

[窓口場所案内]

市外からお引っ越した日より14日以内に、各地域センター、各事務所、各地区事務所に届け出てください。
転出証明書(前住所地発行のもの)と届出人(窓口に来られるかた)の身分証明書をお持ちください。
(補足)転出証明書をお持ちでないかたは、まず、転出届をしてください。(詳しくはこちら市外へ引っ越すときには(転出届)
また代理の場合は委任状が必要です。(詳しくはこちら(窓口での「本人確認」「委任状」が法律で義務付けに)
委任状(PDF形式:119KB)
(補足)マイナンバー(個人番号)カード(以下マイナンバーカード)または住民基本台帳カード(以下住基カード)を使って転入の手続きもできます。詳しくはこちらをご覧ください。マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを使った転入・転出の届出(新しいウィンドウで開きます)

このほかに、次のような手続きが必要な場合があります。

住基カードを持っている人は

転入届を出すときに、転入者全員分の住基カードをお持ちください。新しい住所に書きかえます。
※各地区事務所では手続きできません。

ページのトップへ

通知カード・マイナンバーカードを持っている人は

転入届を出すときに、転入者全員分の通知カード(平成27年10月5日以降随時発送)・マイナンバーカード(H28.1月以降、希望者に交付)をお持ちください。新しい住所に書きかえます。
※マイナンバーカードの住所変更は各地区事務所では手続きできません。

ページのトップへ

国民健康保険に加入するときは

転入届を出すときに、加入手続きをしてください。前年の収入の分かるもの(源泉徴収票など)、印鑑、国民健康被保険者保険証(同一世帯の人が既に持っている場合)が必要です。

国民健康保険についてはこちら長崎市 国民健康保険をご覧ください。

ページのトップへ

介護保険の介護サービスを受給している人は

転入届を出すときに、受給資格証明書をお持ちください。

介護保険についてはこちら介護保険制度をご覧ください。

ページのトップへ

国民年金に加入している人(未受給者)は

転入届を出すときに、年金手帳をお持ちください。

ページのトップへ

国民年金・厚生年金を受給している人は

転入届を出すときに、年金証書と受給者の印鑑をお持ちください。

ページのトップへ

小中学校の転校手続きは

転入届を出すときに「転入学届」を交付しますので、前の学校が発行した「在学証明書」「教科用図書給与証明書」と一緒に、指定された学校へ提出してください。

小中学校の転校手続きについてはこちら入学・転校の手続きをご覧ください。

ページのトップへ

被爆者健康手帳の交付を受けている人は

各地域センターにある居住地変更届を提出してください。長崎市発行の手帳を交付します。前の住所地での被爆者健康手帳、各種手当証書、通帳、印鑑が必要です。

被爆者健康手帳についてはこちら被爆者健康手帳をご覧ください。

ページのトップへ

第二種健康診断受診者証・被爆体験者精神医療受給者証の交付を受けている人は

各地域センター、各事務所にある居住地変更届を提出してください。長崎市発行の手帳を交付します。前の住所地での第二種健康診断受診者証・被爆体験者精神医療受給者証、印鑑が必要です。

・第二種健康診断受診者証についてはこちら第二種健康診断をご覧ください。
・被爆体験者精神医療受給者証についてはこちら被爆体験者支援事業をご覧ください。

ページのトップへ

後期高齢者医療保険に加入している人は

県内から引っ越してきたかたは、特別な手続きは必要ありません。後日、郵送で後期高齢者医療被保険者証を交付します。県外から引っ越してきたかたは、転入届を出すときに、前の住所地が発行した負担区分等証明書をお持ちください。

後期高齢者医療保険についてはこちら後期高齢者医療制度をご覧ください。

ページのトップへ

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人は

各地域センター、各事務所でそれぞれの手帳の住所変更をしてください。手帳と印鑑が必要です。

・身体障害者手帳についてはこちら身体障害者手帳をご覧ください。
・療育手帳についてはこちら療育手帳をご覧ください。
・精神障害者保健福祉手帳についてはこちら精神障害者保健福祉手帳をご覧ください。

ページのトップへ

児童扶養手当、特別児童扶養手当、ひとり親家庭及び寡婦福祉医療費の助成を受ける人は

各地域センターにご相談ください。

※下記のリンク先は新しいウィンドウで開きます。
・児童扶養手当についてはこちら児童扶養手当(長崎市子育て応援情報サイト「イーカオ」)をご覧ください。
・特別児童扶養手当についてはこちら特別児童扶養手当(長崎市子育て応援情報サイト「イーカオ」)をご覧ください。 
・ひとり親家庭及び寡婦福祉医療についてはこちらひとり親家庭福祉医療(長崎市子育て応援情報サイト「イーカオ」)をご覧ください。

ページのトップへ

児童手当(特例給付)、子ども福祉医療費の助成を受ける人は

各地域センター、各事務所、各地区事務所にご相談ください。
(補足)児童手当(特例給付)の手続きは転入日から15日以内に。

※下記のリンク先は新しいウィンドウで開きます。
・児童手当(特例給付)についてはこちら児童手当・特例給付(長崎市子育て応援情報サイト「イーカオ」)をご覧ください。
・子ども福祉医療についてはこちら福祉医療(長崎市子育て応援情報サイト「イーカオ」)をご覧ください。

ページのトップへ

母子健康手帳の交付を受けている妊婦か1歳未満のお子さんがいる人は

各地域センターで母子健康手帳別冊をお受け取り下さい。

ページのトップへ

外国籍住民の方は

転入届を出すときに、転入者全員分の在留カード・特別永住者証明書をお持ちください。新しい住所に書きかえます。

ページのトップへ

ダウンロード

委任状(PDF形式:142KB)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

中央総合事務所 中央地域センター 

電話番号:095-829-1135

ファックス番号:095-825-0121

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館1階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く