第1章 おいたち
第2章 原子雲の下
第3章 被爆者救護
第4章 如己堂
第5章 この子を残して
第6章 如己愛人
終章
第1章 おいたち
第2章 原子雲の下
第3章 被爆者救護
第4章 如己堂
第5章 この子を残して
第6章 如己愛人
終章
業績と年表
著作・出版
To English page
トップページへ
永井隆記念館へ
業績と年表
1908 明治41年 2月 松江市にて出生、翌年飯石郡飯石村(現、三刀屋町)に移住
1920 大正 9年   松江中学校入学
1925 大正14年   松江高校入学
1928 昭和 3年   長崎医大入学
1930 昭和 5年 3月29日 母ツネ逝去
1932 昭和 7年 3月 長崎医大卒業 急性中耳炎 6月長崎医大助手 物理的療法科勤務 放射線医学を専攻
1933 昭和 8年 2月1日 幹部候補生として広島歩兵連隊に入隊、満州事変を転戦
1934 昭和 9年 2月1日 帰還し長崎医大助手物療科に復帰する
    6月 カトリックの洗礼を受ける 霊名パウロ
    8月 森山 緑と結婚
1937 昭和12年   長崎医大講師
    7月 日中戦争に軍医として従軍
1939 昭和14年 2月4日 父寛逝去
1940 昭和15年   帰還 長崎医大助教授 物理的療法科部長
1944 昭和19年   医学博士
1945 昭和20年 6月 白血病判明 余命3年と診断さる 白血球10万8千(正常値7千)赤血球300万(正常値500万)
    8月9日 原爆被災 右側頭動脈切断
    8月10日 自宅焼け跡から夫人の遺骨を拾って埋葬する
    8月12日 三山町木場に赴き救護班を組織、225名の原爆傷病者を救護する
    8月15日 終戦
    9月20日 再び出血のため倒れ、危篤状態が続く 救護班よぎなく解散
1946 昭和21年 1月28日 長崎医大教授
    7月 往診の帰り長崎駅頭で倒れる 以来病床に伏す
    8月 「長崎の鐘」脱稿
    11月17日 長崎医学会で「原子病と原子医学」と題して研究発表
1947 昭和22年 2月20日 「世界と肉体とスミス神父」発行
1948 昭和23年 1月17日 「亡びぬものを」脱稿
    3月 如己堂完成
    3月25日 「ロザリオの鎖」脱稿
    4月30日 「この子を残して」脱稿
    8月 長崎医大休職 「生命の河」脱稿
    10月18日 ヘレン・ケラー女史如己堂を訪れる
    12月 「九州タイムズ」の文化賞受賞 浦上千本桜を植える
1949 昭和24年 3月 「花咲く丘」脱稿
    4月 「長崎の鐘」発行
    5月27日 天皇陛下に拝謁
    5月30日 教皇特使ギルロイ枢機卿の見舞を受ける
    8月1日 長崎市長の表彰を受ける
    9月30日 長崎医大教授退職
    10月30日 「いとし子よ」発行
    12月3日 長崎市名誉市民の称号を贈られる
1950 昭和25年 5月14日 フルステンベルグ大司教(駐日教皇特使)の見舞を受ける 教皇からロザリオ贈られる
    6月1日 国会の表彰勧告に基づき吉田首相の表彰を受け天皇から銀盃一組を賜う
    8月 松竹映画「長崎の鐘」如己堂で試写
    12月9日 教皇庁国務省長官モンティニ師教皇の意を体して書簡を送る
1951 昭和26年 2月3日 白血球39万にのぼる
    4月22日 最後の原稿「乙女峠」脱稿
    4月25日 右肩甲部に内出血 執筆ができなくなる
    4月30日 右大腿部に大量の内出血
    5月1日 長崎医大病院に入院 午後9時50分逝去(43歳)
    5月2日 遺体解剖
    5月3日 教会葬
    5月14日 長崎市公葬 坂本町国際外人墓地に葬る
1952 昭和27年 9月15日 「乙女峠」発行
1957 昭和32年 12月20日 「如己堂随想」発行

Copyright (c) 1999 Nagasaki city . All Rights Reserved.