長崎市へのご意見・ご提案等の紹介

これまでに寄せられたご意見・ご提案等の内容をご紹介します。

年代:【不明】  【2022年07月受信】

ご意見(要旨) 【保育園、幼稚園の広域利用について】
 私は第二子を出産する為に、里帰り出産を予定している妊婦です。夫が泊まり勤務がある為、長崎市で産む事は困難だと判断し、里帰りする事にしました。現在第一子は3歳(年少)です。
 まず、幼児課に尋ねているにもかかわらず、保育園の広域利用について知っている人が1人しかいないことに驚きました。その人が休むと、何の手続きも進みません。問い合わせの返答もありません。一般企業では考えられない事です。他の職員も勉強して、みんなが分かって、市民に対応出来るようにしないといけないと思います。
 次に、手続きがとても面倒です。書類が多すぎます。
 それと、里帰り出産の為に保育園の広域利用をしたくて申請したのですが、里帰り先の住所がある保育園しか利用出来ないと。何のために里帰りしているのか。実家の祖父母に上の子のお世話のお手伝いをお願いしたいから、里帰りするのです。私の祖父母は現役で働いています。なので、職場の地域の保育園も入所出来る様にしてもらわないと、祖父母、子供共にとても負担がかかります。私の妹も同じ境遇で他の市町村から里帰りしました。そこの市町村では、祖父母の職場の地域の保育園を利用出来たそうです。他の市町村で出来る事が、なぜ長崎市では出来ないのでしょうか?疑問でなりません。
 また、月の途中入退園が出来ないのも不便です。里帰り先から長崎市へ戻った際に、すぐにでも預けたいのに、預けられないという事です。
 この様な点を改善して頂かないと、この先長崎市の子育て人口は減る一方だと思いますし、次の子供を長崎市で出産しようという気になれません。
 それと、市役所を利用するのに、なぜ駐車料金がかかるのでしょうか?お金がかかるのに、軽々しく書類を持って来る様に言われたのには驚きました。多少の割引サービスがあっても良いのではないでしょうか?
 以上、ぜひご検討下さい。

【2022年08月10日回答】

回答 【幼児課】
 この度は、保育所の広域入所の手続きについて、ご不便をおかけしまして誠に申し訳ありませんでした。今後、お問い合わせ等にしっかりと対応できるよう体制を整えてまいります。
 保育所等の広域利用の利用調整については、長崎県が定める実施要領に基づき実施しています。市外の保育園に入所を希望される場合の条件として里帰り出産も該当しますが、児童の祖父母等が居住する市町村に居住し、当該市町に希望する施設がある場合のみが対象とされており、その取扱いに従って利用調整させていただいております。なお、入所については、育児休業明けの方以外は原則月初め入所、月末退所となります。
 引き続き、保育所等の広域利用の利用調整については、長崎県と情報を共有、相談をしながら取り組んでいきます。
 また、保育所等の入所手続きにつきましては、直接窓口に来て手続きをしていただくほか、郵送による方法や電子申請(ぴったりサービス)でも受け付けており、パソコンやスマートフォンを利用して手続きを行うことができるようにしております。手続き方法に関しましては今後も周知に努めてまいります。 
関係所属 幼児課  【直通番号】:095-829-1142】

(注)掲載されている回答は回答時点のものであり、その後の社会情勢や制度の改変などにより、最新の回答と異なる場合があります。

検索ページへ戻る   ページのトップへ