長崎市へのご意見・ご提案等の紹介

これまでに寄せられたご意見・ご提案等の内容をご紹介します。

年代:【不明】  【2022年04月受信】

ご意見(要旨) 【指定管理者制度について】
 私は、長年、市民会館/トレーニング室を利用している者です。スタッフの方の接客対応等の点で、少し疑問に思う点が、何点かあります。
  受付の方が常にスマホ操作している。
 このような事をしている民間の受付は見たことがありません。ほとんどの方が、下を向いて操作しているのがこちらからわかるのです。何もしないでいることは、当然つらいこととは思いますが、これは仕事です。
暇つぶしで、市民の税金を使ってはいけないのではないでしょうか。
 
  お客さんがまだ室内にいるのに、仕事中に、トレーニング施設を使用している。本来の仕事は、利用者の安全の確保、機器の正しい使い方を監視することではないのですか?仕事を放棄しています。もし利用するのであれば、一旦仕事の就労時間が終わって、きちんと料金を支払って利用するべきではないですか。

  利用者の安全見守りを行っていない。
 誰もトレーニング室のフロアーにいません。詰所の中にいて、スタッフ同士が談笑しているのを見かけます。
何か緊急なことが起こったら、気付かないと思います。
常時見守りを実施すべきではないでしょうか。それが、仕事ではないのですか?

  利用者の機械の操作見守りを行っていない。
 見守りをしてない状況で、当然利用方法など見てないと思います。本当に、正しい使い方を、知っているのか疑問に感じています。ちゃんと機械の使い方を熟知されているのか疑問になります。定期的に教育がいるのではと思います。

  勤務時間中に、長い時間、詰所内で、コーヒーを飲み、談笑しているスタッフ。このような情景は、民間の受付ではありえません。別の場所あるいは、休憩時間を設け、違った場所で休まれてはと思います。

  スタッフが利用者と長い時間、談笑している。
コロナ禍での会話は、控えるように指導されている時期において、トレーニングの注意書きにも、明記されているのに。クラスターがいずれ発生する可能性を感じます。

  名札を付けないスタッフがいる。服装が?
 公的機関に勤めている方は、ほぼすべての方が名札を付けて仕事をされています。何かつけなくていい、特別な理由があるのでしょうか?また一部の人ですが、ジーパン姿での接客はいかがなものかと思いますが?

  休止中の機会が整理されず放置されて、徐々に劣化していっているように見える。修理はしないのですか、整理はしないのですか。こんな様な受付業務を、見たことがありません。

 上記の件は、現場責任者にも問題があると思いますが、根本的には、指定管理者の社員教育に問題があると思います。
 本施設は、市が保有している施設、指定管理者の方に支払われる管理費は、私たち市民の税金からです。
スタッフの方に支払われる給与も、間接的ではあれ、私たち市民の税金です。
 最も大切にすべき利用者を無視した様な、管理は税金の無駄遣いにしか見えてきません。
 最も大切な利用者の声を反映する意見箱もなく、指定管理者の運営状況を定期的に査定する体制もなく、私たち、素人から見て、指定管理者制度がお粗末すぎるように感じるのです。
 管理責任者を指名した方々の責任はどこにあるのですか。指名される基準は当然あるのでしょうが、指定管理者として現実に、本当の書面に明記されたことが実施されていれば、あの様なトレーニング室の状況には、決してならないと思います。
 民間のノウハウ活用とは、今現在、トレーニング室において、具体的にはどのようなことをしているのですか。
 また市民サービスの向上とは具体的に何をされているのですか。経費節減は、どのようなことをされているのですか。具体的に教えてください。
 指定管理者制度の目的が全くされていなく、格好だけの管理では、いつか大きな問題が起きることが懸念されます。
 市、指定管理者が、責任をもって指導されることを望みます。

 追記
 市が管理する、利用者の“意見箱”をぜひ設置していただき、よりよい、トレーニング室の運営を図ってほしいと、切望します。

以上

【2022年05月30日回答】

回答 【生涯学習課】
 日頃から市民会館のご利用ありがとうございます。
 ご意見の回答につきましては、次のとおりです。
 (1)受付の方のスマホ操作について
 市民会館の利用者からの問い合わせ等に対応するため、スマホを使用して情報収集することがあります。今後は、私用でスマホを使用していると誤解が生じないよう指導いたします。 
 (2)仕事中のトレーニング機器の使用について
 過去には、トレーニング機器の安全確認作業として、室内に利用者がいる時に使用することもありましたが、現在では利用開始時間の前など、利用者がいない時間帯に安全確認作業を行っております。ご意見の内容については事実確認を行うとともに、改めて業務時間中のトレーニング機器の使用を行うことがないよう指導を行ってまいります。
 (3)(4)利用者の見守りについて
 スタッフは、基本的にはトレーニング室内で勤務しておりますが、他のスポーツ室の見回りも兼任しており、一時的に室内から退出することがあります。また、トレーニング機器の使用に関して、スタッフはトレーナーの資格を所持しておりませんので、専門的に指導するようなことはしておりません。正しい使い方の等の説明のほか、緊急時に対応できるよう監視は行っております。今後は、利用者の見守りをしていないと誤解が生じないよう指導してまいります。
 (5)(6)(7)スタッフの勤務態度、服装等について
 業務を円滑に進めるため、スタッフ間及びスタッフと利用者間のコミュニケーションとして、多少の談笑はあるかと思われますが、現在のコロナ禍においては不必要な会話は極力避けるよう指導します。また、服装については、勤務時はジャージ等の動きやすい服装に着替えるよう努めておりますが、今後は、これらのことを徹底するように併せて指導いたします。名札の着用につきましては、機械に巻き込まれるなどの安全上の問題もございますので、指定管理者と対応について検討してまいります。
 (8)休止中の機械について
 現在、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、一部のトレーニング機器を休止して、利用者間の距離を保つようにしております。故障した機器を放置しているわけではありませんので、ご理解していただきますようお願いいたします。
 民間のノウハウ活用について
 トレーニング室の運営にあたっては、スタッフを増員し、体育館及び卓球室の直接管理を行うようなり、器具の取扱い等を指導しながら安全管理に努めています。また、体育館及びトレーニング室内に防犯カメラを設置し安全面の強化を行っています。スタッフを増員配置したことにより、トレーニング室、卓球室及び軽スポーツ室の冷房機器の管理も行うなど細やかに対応することを心掛けています。
 意見箱について
 利用者の意見箱については、2階に設置しておりますのでご意見、ご要望等がある際には、ご利用ください。
今後も安心してご利用いただけるよう対応してまいります。貴重なご意見をいただきありがとうございました。 
関係所属 生涯学習課  【直通番号】:095-829-2044】

(注)掲載されている回答は回答時点のものであり、その後の社会情勢や制度の改変などにより、最新の回答と異なる場合があります。

検索ページへ戻る   ページのトップへ