長崎市へのご意見・ご提案等の紹介

これまでに寄せられたご意見・ご提案等の内容をご紹介します。

年代:【不明】  【2022年03月受信】

ご意見(要旨) 【保育園のオムツ持ち帰りについて】
保育園の使用済みオムツの持ち帰り制度を撤廃してください。
私立の保育園では、保育園側がオムツの処分を行なっています。
以前の回答で以下のようにありましたが、こちらに対しても意見させてください。
‖仁未了藩兀僂澆むつを保管する場所の確保や衛生管理
→保護者が持って帰るためにオムツをわざわざ児童1人ずつ分けて保管する場所はあるのに、廃棄するための場所はないということでしょうか?
私立の保育園の仕組みは存じ上げませんが、既にこのシステムを導入している保育園があるのであれば、とのようにすれば実現可能か保育園にヒアリングをかけてみてはいかがですか?
そもそも実現できるように動いてますか?
ごみ処理の予算
→市の予算で確保できないのなら保護者に別料金の負担をお願いすることもできるのではないでしょうか?
私立の保育園では、月にいくらかお支払いすることで完全保育を実施している保育園もあります。
(完全保育→保護者のオムツ持参なし)
保護者に負担を強いるのが問題であれば、お金を払って保育園に処分を希望するのか、持ち帰るのか、選択制にするなど別の方法もあるはずです。
 
このオムツ持ち帰り問題は、今保育園に子どもを通わせている親の悩みです。先送りせずすぐに解決できるように動いてください。

【2022年04月15日回答】

回答 【幼児課】
公立保育所・認定こども園でのごみの処分につきましては、業者で回収を行っておらず、地域のゴミステーションに事業所用ゴミとして処分しているところです。
このため、数日分の使用済みおむつを保管する場所の確保や、衛生上の問題及びにおいの発生などによる地域住民への影響等を考慮し、施設でオムツの処分を行わず、保護者の皆様にお持ち帰りいただいているところです。
使用済みオムツを保育園で処分するよう要望があっているところですが、限られた財源から予算を確保することや、仮に予算確保できたとしても翌年度からの開始となるため、早急に実施することは困難な状況です。
また、保護者から費用を徴収することにつきましては、新たに保護者の経済的負担が生じることや、施設で働く職員の業務量の増加など、さまざまな課題があることから、現在、実施することは考えておりません。 
関係所属 幼児課  【直通番号】:095-829-1142】

(注)掲載されている回答は回答時点のものであり、その後の社会情勢や制度の改変などにより、最新の回答と異なる場合があります。

検索ページへ戻る   ページのトップへ