長崎市へのご意見・ご提案等の紹介

これまでに寄せられたご意見・ご提案等の内容をご紹介します。

年代:【不明】  【2019年03月受信】

ご意見(要旨) 【公立中学校のクラブ活動】
長崎県運動部活動の在り方に関するガイドラインで、中学校は週2日以上休養日、活動時間平日2時間程度、休業日3時間程度、活動時間の上限、週当たり16時間未満が望ましいとなっています。
子どもが通っている公立中学校は、ガイドラインを守っていません、平日1日しか休みがありません。土日の朝は5時半に起きて、帰宅は18時過ぎです。普段の学校生活より長いです。ガイドラインを作っても守らないと意味がありません。学校やクラブの監督により考えが違うと思いますが、少なくとも公立中学校は、子どもたちにスポーツ障害がでないようにガイドラインを守るべきです。スポーツは長時間やって上手になることはありません。試合に勝ちたい気持ちはありますが、全ての生徒がプロになりたいとは思っていません。純粋にスポーツを楽しみたい、体を動かしたいのがほとんどです。

【2019年03月28日回答】

回答 【健康教育課】
お子さまの通われている学校が問い合わせの内容であれば、適切な活動が行われていないようですので、確認する必要があります。よろしければ、確認、指導のため学校名および部活動名を匿名、メールでもよいので、健康教育課保健体育係までお知らせください。
現在、長崎市教育委員会では、国・県が策定した「運動部活動の在り方に関するガイドライン」を受け、長崎市課外クラブ振興会連合会と共に「課外クラブ(部活動)の指導の手引き」を改訂したところです。
各学校においても、ガイドラインに則った適切な部活動になるよう活動方針や年間計画を作成し公表するように、課外クラブ振興会連合会と協議を重ね、準備を進めています。
今後も生徒がスポーツを楽しむことで運動習慣の確立を図り、バランスのとれた心身の成長と学校生活を送ることができるよう努めて参ります。 
関係所属 健康教育課  【直通番号】:095-829-1197】

(注)掲載されている回答は回答時点のものであり、その後の社会情勢や制度の改変などにより、最新の回答と異なる場合があります。

検索ページへ戻る   ページのトップへ