長崎市へのご意見・ご提案等の紹介

これまでに寄せられたご意見・ご提案等の内容をご紹介します。

年代:【50代】  【2018年12月受信】

ご意見(要旨) 【企業会計の収益的と資本的の収入と支出について】
長崎市の財政状況の企業会計の収益的と資本的についての収入と支出について分かりやすく説明して課題を教えてください。

【2018年12月20日回答】

回答 【経理課】
収益的収支とは、水道事業会計のうち、施設の運転・管理等、水道事業を運営するための経費とその財源になります。収入は、水道料金や下水道料金であり、一般家庭で言い換えれば給与収入にあたります。支出は、運営に関わる、水道光熱費、修繕費(修理代)、人件費などであり、一般家庭で言い換えれば食料費や水道光熱費にあたります。
資本的収支とは、水道事業会計のうち、施設を建設・整備するための経費とその財源になります。収入は、企業債(借金)、国の補助金などであり、一般家庭で言い換えれば家や車の購入するための借入等にあたります。支出は、施設の建設や借金返済に係る経費であり、一般家庭で言い換えれば家の購入費やその借入の返済に係る経費にあたります。
課題については、人口減少や節水機器の普及などに伴う水需要の減少に連動して収入の減少が見込まれる一方、高度経済成長期に建設した施設の多くが更新時期を迎えることや近年頻発する自然災害を想定した防災・危機管理対策の強化が必要となるなど、今後施設整備等に多額の費用が見込まれることです。
関連リンク:http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/150000/157000/p007104.html
関係所属 経理課  【直通番号】:095-829-1204】

(注)掲載されている回答は回答時点のものであり、その後の社会情勢や制度の改変などにより、最新の回答と異なる場合があります。

検索ページへ戻る   ページのトップへ