長崎市へのご意見・ご提案等の紹介

これまでに寄せられたご意見・ご提案等の内容をご紹介します。

年代:【不明】  【2018年11月受信】

ご意見(要旨) 【職員の態度】
11月5日、戸籍を取りに行った時、女性職員に「記入した住所に間違いがないか」確かめられたが、その時の話し方、聞き方がとても失礼で驚いた。受付の時に見せた免許証等を再度見せたら、「確認するのでしばらくお待ちください」と言われずっと待っていたが、住所がどうなったのか、長く待たされた説明もお詫びもなく交付を受けた。こちらも急いでいたので、どうして長くかかったのか説明してほしいと、電話番号のメモを渡し帰った。数時間して電話があり、「長崎市の書類が誤記だった」と言われたが、どうしてこのようなことになったのか、経緯と再発防止を含めた、きちんとした回答を求めたい。

【2018年11月16日回答】

回答 【中央地域センター】
このたびは、長崎市の戸籍附票の住所誤記および窓口での不適切な対応において、大変不快な思いをさせ、長時間お待たせしたことについて、心からお詫び申し上げます。
住所誤記につきましては、ご本人さまに何ら非はなく、平成20年当時、前住所地からの通知を受け入力する際に、長崎市が誤った住所を入力したことによるものです。平成24年以降は市町村間の通信による記載がされており、今回のような入力誤りは発生しない仕組みとなっております。
また、中央地域センターにおいては、窓口の一部を業務委託しております。今回の受託業者従事者の窓口対応で、「不快にさせる問いかけを行ったこと」「確認に手間取り長時間お待たせしたこと」さらに「それに関する説明もお詫びもなかったこと」と複数の不適切な対応となったことにつきましては、受託業者の責任者に対し、適切な対応を強く指導しております。
再発防止につきましては、受託業者に対し、全てのお客さまに対する適切な言葉使いを含めた接遇の改善と、確認手順の徹底を図っております。また、長時間となった説明やお詫びについても、お客さまの立場に立った適切な対応を行うよう強く指導を行っております。
今後はこのようなことが二度と起こらないよう、中央地域センターおよび受託業者ともに十分に反省し、接遇研修を実施する等改善を図り、すべての従事者が肝に銘じて確実で丁寧な事務を行うよう徹底してまいります。 
関係所属 中央地域センター  【直通番号】:095-829-1135】

(注)掲載されている回答は回答時点のものであり、その後の社会情勢や制度の改変などにより、最新の回答と異なる場合があります。

検索ページへ戻る   ページのトップへ