ここから本文です。

ながさきの「食」ぶどう

更新日:2016年8月31日 ページID:024318

ぶどう

ぶどう

長崎市では手熊地区と外海地区、琴海地区で巨峰などが栽培され、8月から9月にかけて旬を迎えます。
巨峰は、日本では最も生産量が多く、代表的なぶどうの品種と言えますが、実は歴史は浅く、1945(昭和20)年に2つの品種を掛け合わせて作られ、発表されたものです。果汁が多く、甘みが強くておいしいため、よく贈り物にされます。

ぶどうは枝に近いほうが甘く、果皮についた「ブルーム」という白っぽい粉がまんべんなくついているものが、鮮度が良いです。
また、ぶどうの成分には、甘みのもととしてブドウ糖と果糖が半分ずつ含まれています。酸味は酒石酸やリンゴ酸などの有機酸から感じるもの。この有機酸は、エネルギー代謝を活発にし、疲労回復に効果的だといいます。残暑の頃のエネルギー補給として、ぶどうはいかがですか。

お問い合わせ先

水産農林部 水産農林政策課 

電話番号:095-820-6562

ファックス番号:095-827-6513

住所:長崎市金屋町9-3(金屋町別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く