ここから本文です。

ながさきの「食」 長崎いちご

更新日:2014年1月7日 ページID:008989

長崎いちご

いちご

江戸時代末期にオランダ人によって長崎に持ち込まれたのが、日本でのいちご生産の始まりであるといわれています。長崎は温暖な気候と日当たりに恵まれ、いちごの生産に適した土地柄。市内では茂木、東長崎、琴海地区が盛んで、主要な農作物のひとつとなっており、主な出荷先は関東・関西の市場へ出荷されています。これまで生産されていた「さちのか」から、現在は大玉で、甘み、酸味のバランスに優れた「ゆめのか」へと品種の転換が図られています。

いちごの出荷は、11~5月頃まで続きます。ビタミンCの含有量が豊富で、大粒のものなら1日6~8粒で、成人が1日に必要な摂取量をまかなえると言われています。風邪やインフルエンザが流行する冬場にもってこいの果実です。

お問い合わせ先

水産農林部 水産農林政策課 

電話番号:095-820-6562

ファックス番号:095-827-6513

住所:長崎市金屋町9-3(金屋町別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ