ここから本文です。

「シェフ直伝!長崎和牛・出島ばらいろを使った料理教室」が開催されました!

更新日:2015年2月25日 ページID:026603

りょうりかんせい

食卓の日推進事業「シェフ直伝!長崎和牛・出島ばらいろを使った料理教室」が催されました(2月17日)

長崎市では毎月19日を「食卓の日」とし、「食卓で19(トーク)」を合言葉に、月に1度は家族で食卓を囲んでトークしながらコミュニケーションを図り、そして家族だんらんの食卓には、地元産の旬の農水産物を取り入れて、地産地消を推進しましょう!という取り組みを行っています。

今回は長崎市が誇るブランド和牛「長崎和牛・出島ばらいろ」をご家庭でも気軽に使っていただき、またそれを囲んで家族団らんを楽しんでいただきたく、西部ガス株式会社長崎支社と共催で料理教室を開催しました。

料理教室の様子

100名を超える応募があり、当日はその中から抽選で選ばれた24名が参加しました。 

デモンストレーションの様子
デモンストレーションの様子
  じゅこうのようす
プロの技を伝授

「出島ばらいろ」を家庭で気軽に、そして美味しくいただける料理を「NPO法人長崎の食文化を推進する会」の松尾利廣さん(ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル)に3品を伝授していただきました。

びーふすとろがのふ
メインのビーフストロガノフ
はるきゃべつのきっしゅ
これから旬を迎える春キャベツのキッシュ
ちょこれーとむーす
今が旬のいちごを使ったデザート

赤身と霜降りのバランスがとれた「出島ばらいろ」。
今回お教えいただいた、脂肪が少ない赤身のお肉「モモ肉」を使ったビーフストロガノフは、おもてなしやパーティメニューにもいかがでしょうか。
「出島ばらいろを使ったビーフストロガノフ」のレシピはこちらから

参加者の感想

  • 「出島ばらいろ」を使うよいきっかけになりました。
  • 思ったより簡単で手軽だったので家でも作ってみたい。
  • お肉が柔かく、美味しかった。

お問い合わせ先

水産農林部 水産農林政策課 

電話番号:095-820-6562

ファックス番号:095-827-6513

住所:長崎市金屋町9-3(金屋町別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ