ここから本文です。

恐竜博物館準備室の事業

更新日:2018年12月10日 ページID:009168

恐竜博物館の建設について

長崎市内で発見された恐竜等化石は、長崎の自然史を描くうえで非常に貴重な財産であるとの高い評価を受けています。
これらを市民の学習及び地域振興の資源として有効に活用するため、調査研究、資料の収集、展示、教育活動に資する恐竜博物館を野母崎田の子地区に建設します。

基本構想について

平成33年10月の開館を目指し、基本構想を策定しました。

(仮称)長崎恐竜博物館基本構想 概略版(PDF形式:1,433KB)(新しいウインドウで開きます)

(仮称)長崎恐竜博物館基本構想(PDF形式:1,248KB)(新しいウインドウで開きます)

恐竜博物館建設スケジュール(PDF形式:439KB)(新しいウインドウで開きます)

基本計画について

基本構想を踏まえ、博物館建設に向けた基本計画を策定しました。

(仮称)長崎恐竜博物館基本計画_概要版(PDF形式:381KB)(新しいウインドウで開きます)

(仮称)長崎恐竜博物館基本計画(PDF形式:575KB)(新しいウインドウで開きます)

恐竜化石等研究調査事業

8100万年前のながさき長崎市内で、国内初となるティラノサウルス科大型種の歯の化石をはじめとした多種多様な化石が、白亜紀後期の三ツ瀬層(約8100万年前)から発見されています。
長崎市では、地層など地学の新しい学習資源とするため、福井県立恐竜博物館との共同研究により、化石の発掘調査、保存を行っています。

長崎市で発見された恐竜等化石のプレスリリース一覧

平成29年7月18日発表「長崎市の鳥脚類恐竜(ハドロサウルス上科)の歯の化石について」(新しいウィンドウで開きます)
平成28年8月18日発表「長崎市の新たな恐竜などの化石公開について」(新しいウィンドウで開きます)
平成27年7月14日発表「国内初のティラノサウルス科」大型種の歯の化石について
平成26年7月7日発表「長崎初の鎧竜化石が発見されました」(新しいウィンドウで開きます)
平成25年7月8日発表「長崎市から大型獣脚類(肉食恐竜)の化石が発見されました」(新しいウィンドウで開きます)
平成24年4月26日発表「長崎市から翼竜の化石が発見されました」(新しいウィンドウで開きます)
平成24年3月12日発表「長崎市から県内2つ目の恐竜化石が発見されました」(新しいウィンドウで開きます)
平成22年7月3日発表「長崎市から県内最初の恐竜化石を発見しました」(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

教育委員会教育総務部 恐竜博物館準備室 

電話番号:095-829-2057

ファックス番号:095-829-2066

住所:長崎市魚の町5番1号 長崎市民会館7階

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く