ここから本文です。

長崎市公民館(利用上の注意)

更新日:2017年11月17日 ページID:005247

公民館利用上の注意

利用の制限等

社会教育法第23条(営利・政治・宗教に関する利用制限)の規定に反する場合は利用できません。
申請のときに、利用の目的を詳しくお届けください。

申込方法

  1. 「公民館利用申請書」に必要事項を記入して、公民館の窓口に提出してください。
  2. 使用料を支払って、「公民館利用許可書」を受け取ってください。

使用料の減額・免除について

次の場合は、公民館使用料の減額や免除を受けることができますので、申し込みの時に併せて、減額・免除の申請をしてください。

  1. 室使用料・附属設備使用料ともに全額免除となるもの。
    長崎市又は長崎市の機関が主催する行事に利用するとき。 
  2. 室使用料のみ全額免除となるもの。
    1. 長崎市又は長崎市の機関が共催する行事に利用するとき。 
    2. 長崎市に所在する心身障害者団体若しくはその育成団体又は社会福祉事業を行う団体がその目的達成のための行事に利用するとき。
    3. 長崎市に所在する社会教育関係団体がその目的達成のための行事に利用するとき。
  3. 室使用料の2分の1が減免となるもの。
    公民館に登録する自主学習グループがその目的達成のための行事に利用するとき。
    ※登録した公民館での利用に限ります。

許可の変更・利用取り消しの手続き

  1. 許可を受けた内容に変更があるときは、「公民館利用変更許可申請書」を提出し、「公民館利用変更許可書」を受け取ってください。
  2. やむを得ず利用を取り消そうとするときには、「公民館利用取消届」を提出してください。

使用料の支払いと払戻しの手続きについて

  1. 使用料は、利用の許可の際に窓口で支払ってください。
    ただし、ガス使用料の実費は、利用後に支払うことができます。
  2. 支払った使用料は、次の場合を除いては払戻しません。
    1. 室使用料については、利用の2日前までに利用取消の手続きを行った場合。
    2. 附属設備使用料については、使用の開始までに取消の手続きがあった場合。
    3. 災害その他、利用者の責めに帰することができない理由により、利用できなくなった場合。

払戻しの手続き

  1. 「公民館使用料返還申請書」に必要事項を記入して、窓口に提出してください。
  2. 還付金は、指定の口座に振込みとなります。振込みまで約1ヶ月かかりますのでご了承ください。

手続き先

公民館利用申請等は、ご利用になられる公民館で手続きしてください。
公民館一覧はこちらをクリック(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

教育委員会教育総務部 生涯学習課 

電話番号:095-829-2044

ファックス番号:095-829-2066

住所:〒850-0874 長崎市魚の町5-1(市民会館7階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ