ここから本文です。

平成30年度 就学援助制度のお知らせ

更新日:2018年4月1日 ページID:001744

 経済的にお困りの方へ給食費・学用品費などを支給します

 長崎市では、お子様が学校で楽しく安心して勉強できるように、給食費や学用品費など、学校教育で必要な経費の一部を援助しています。(「就学援助」といいます。)
 小・中学生の保護者の方で、就学援助をご希望の方は、学校にご相談ください。

援助を受けることができる方

次のいずれかに該当し、教育委員会が援助の必要があると認めたかた。

<申請理由>

1-(1)  生活保護が停止または廃止された

1-(2)  市民税が非課税である ※世帯員全員が非課税の場合に限る

1-(3)  市民税が減免された(天災などによる減免)

1-(4)  個人事業税が減免された

1-(5)  固定資産税が減免された(天災などによる減免)

1-(6)  国民年金の掛金が減免された ※全額・4分の3・半額免除に限る

1-(7)  国民健康保険税が減免された(天災などによる減免)

1-(8)  児童扶養手当を受けている ※児童手当(こども手当)や特別児童扶養手当は対象外

1-(9)  生活福祉資金を借りた

2-(1)  職業安定所登録の日雇労働をしている

3-(1)  世帯全員の合計所得額が下表の「合計所得額」以下で、子どもを就学させるのが困難な場合

世帯人数 2人 3人 4人 5人 6人 7人 8人
合計所得額 2,046,000 2,350,000 2,612,000 2,984,000 3,435,000 4,059,000 4,632,000

3-(2) 上記理由以外に、保護者の離職や長期療養、火災、交通事故など特別の事情があり、現在の生活が苦しく、子どもを就学させるのが困難な場合

援助の内容

新入学用品費

 新入学用品費の購入にかかる経費の一部(定額)を保護者へ支給します。

  • 小学校1年生・・・40,600円 [小学校入学前(就学予定時)の3月に支給]
  • 中学校1年生・・・47,400円 [中学校入学前(小学6年生時)の3月に支給]
    ※小中学校入学前に支給を受けていない場合は、入学直後の4月から認定となった場合のみ、入学後に支給します。

学用品費等

 学用品費等の購入にかかる経費の一部(下記の金額を学期ごとに分けて支給)を保護者へ支給します。

  • 小学校1年生・・・11,420円
  • 小学校2~6年生・・・13,650円
  • 中学校1年生・・・22,320円
  • 中学校2・3年生・・・24,550円 

給食費

 給食費として保護者が負担する経費を学校へ支給します。

修学旅行費

 修学旅行に参加した場合の保護者が均一に負担する経費を学校へ支給します。

校外活動費

 社会科見学や宿泊学習などの校外活動に参加した場合の経費の一部(交通費、見学料)を学校へ支給します。

体育実技用具費

 中学校の授業で、柔道・剣道をする場合に必要な柔道着や竹刀等の購入費(上限:柔道7,510円、剣道51,940円)を学校へ支給します。

通学費

 住所地で指定された学校に公共交通機関で通学する場合で、片道の通学距離が、小学校4km以上、中学校6km以上ある時の往復の交通費(定期券代)を保護者へ支給します。
ただし、特別支援学級に在籍している場合には、距離は問いません。
※市立の学校のみ対象です。

医療費

 特定の疾病(むし歯、結膜炎、トラコーマ、中耳炎、慢性副鼻腔炎、アデノイド、白せん、疥せん、膿か疹、寄生虫病)にかかり、学校からの治療指示により病院を受診される時の治療代と薬代を医療機関へ支給します。
※医療機関で受診する時に、学校が発行する「医療券」が必要です。受診前に必ず学校へご相談ください。
※市立の学校のみ対象です。

申請方法

 お子様が在学する小・中学校から配付される「就学援助申請書」に必要事項を記入し、提出書類が必要な場合は書類を添付のうえ、学校が指定する提出期限までに学校へ提出してください。

H29申請書 

注意点

  • 平成29年度に就学援助を受けている方も、平成30年度であらたに申請が必要です。 また、小学校入学前に「新入学用品費」の支給を受けられたかたも、入学後に給食費などの援助をご希望の場合は、平成30年度であらたに申請が必要です。
  • 小学校と中学校の両方にお子様がいる場合は、在学の小学校、中学校それぞれに申請書類を提出してください。
  • 提出期限までに提出できなかった場合でも随時申請を受け付けていますが、支給される金額が減額されますのでご注意ください。
  • 長崎市から他市町村の小中学校、もしくは他市町村から長崎市の小中学校へ通学される場合は、長崎市と他市町村の両方に就学援助の申請をしてください。

提出書類

 申請理由によっては提出書類が必要となりますので、就学援助申請書に添付して学校へ提出してください。
 詳しくは就学援助申請書(裏面)をご確認ください。 

就学援助Q&A ~よくあるお問い合わせ~

Q1 所得基準額の所得は、どこを見たらわかりますか?

A1 給与所得の源泉徴収票は、「給与所得控除後の金額」を見ます。所得税確定申告書は、所得金額の「合計」を見ます。

源泉徴収票

確定申告書

Q2 「同一生計の世帯状況」の欄に、同居している祖父母なども記入するのですか?

A2  同居している方が同一生計つまり生活費などを一緒にして生活している場合は、記入が必要です。同居していても、お互いが独立して生活している場合は、同一生計とはみなしませんので、記入する必要はありません。

Q3 平成29年中、無収入の場合は、何を提出したらいいですか?

A3  提出書類は必要ありませんが、申請書下部に「(※)特別の事情とは・・・」という余白欄がありますので、そこに「平成29年中は無収入である」旨記入してください。

Q4 学校提出期限までに提出書類が間に合わない場合は、どうしたらいいですか?

A4  申請書下部に「(※)特別の事情とは・・・」という余白欄がありますので、そこに「不足分の提出書類はそろい次第提出する」旨記入し、申請書とその時点でそろっている提出書類のみを学校へ提出してください。 提出書類がそろい次第、学校へ追加資料として提出をしてください。

Q5 市立以外の小中学校へ通学する場合も、就学援助を受けられますか?

A5  受けられます。ただし、医療費と通学費は支給されません。申請書を学校から受け取り、申請手続きをしてください。

Q6 世帯の合計所得額が基準額を上回っているが、援助を希望する場合は申請してもいいですか?

A6  教育委員会での審査をもって就学援助に該当するかどうかを決定しますので、援助を希望する場合は、申請いただいて構いません。なお、世帯の収入減等の特別の事情がある場合は、その点が考慮されますので、申請書下部の「(※)特別の事情とは・・・」という余白欄 に具体的事情をご記入ください。内容によっては、追加で提出書類を依頼する場合がございます。

お問い合わせ先

教育委員会教育総務部 総務課 

電話番号:095-829-1191

ファックス番号:095-829-1297

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ