ここから本文です。

その他刊行物

更新日:2017年6月20日 ページID:027286

その他の刊行物

楠本・米山家資料にみる楠本いねの足跡

A5判 18ページ、200円(35グラム)
福井英俊著。『鳴滝紀要』(創刊号)掲載の論文を別刷にしたもの。品切れでしたが、ご好評にこたえてこの度増刷しました。
<内容>
いねの出生と戸籍謄本、合子の作製、たかの誕生、再来日時のいねとシーボルトの仲、産科医開業と産婆免許申請、東京への転居と死、いねの姓名の表記、いね関係年表

シーボルトの雑記帳

A5判 78ページ、300円(120グラム)
宮坂正英著。フォン・ブランデンシュタイン=ツェッペリン家所蔵資料をもとに、長崎新聞に好評連載したものを一冊にまとめました。わかりやすい歴史エッセイになっています。<おもな内容>
シーボルトの楽譜、シーボルトの植物園、江戸の病、高野長英の最期、鳴滝の記念碑、老シーボルトの心 ほか全30編

  • フォン・ブランデンシュタイン家所蔵シーボルト関係文書 マイクロフィルム目録

    A4判2巻1組、12,000円(4,310グラム、ゆうパックにて発送)
    シーボルトの子孫であるフォン・ブランデンシュタイン=ツェッペリン家には、シーボルトと一族の関係文書や遺品が数多く保管されています。この本は、同家所蔵のシーボル関係文書(書簡・草稿・公文書・印刷物など)を撮影したマイクロフィルム(3万コマ)の目録です。平成3年発行。

    シーボルト評伝

    B6判 本文31ページ・年表15ページ、250円(60グラム)
    昭和37年(1962)「シーボルト先生史跡保存会」により発行されて以来版を重ねているロングセラーです。簡潔にして要をえたシーボルト伝として定評があります。著者は、シーボルト研究家の故・中西啓(あきら)氏。
    <おもな内容>
    シーボルト一族、出島のオランダ商館医、シーボルトの日本渡来、種痘と鳴滝塾、江戸参府とシーボルト事件、再渡来、病死、資料 シーボルト略年譜

    シーボルトのみたニッポン

    A5判70ページ、450円(145グラム)
    シーボルトの70年の生涯を、豊富な写真・図版とわかりやすい文章で紹介した一冊。これからシーボルトについて知りたいという方から、もっと詳しく知りたい方まで、おすすめの本です。平成6年(1994)シーボルト記念館編集・発行。
    なお、英語版の『Siebold''s Japan』(A5判70ページ300円150グラム)もあります。こちらはシーボルトの生涯を簡潔・ていねいに紹介しており、英語学習にも最適です。

    ニッポン医家列伝 中西 啓著

    A5判183ページ、1,800円(230グラム)
    長崎に入港したシーボルトは1823年、鳴滝塾を開き、多くの国内医学留学生に自然科学に基く西洋医学を教えました。幕末・維新の動乱、そして明治・大正を生きた諸医家の生きざまから日本近代医学の黎明期を探ります。

    通信販売について

    上記の書籍はシーボルト記念館の窓口でも販売していますが、通信販売も行っています。
    ご希望の方は、1.書籍代金+送料分の、現金または郵便為替(送料は切手でも可)、2.お名前・ご住所・希望書籍名・希望冊数をお書きになったもの、を同封のうえ、シーボルト記念館までお申込み下さい(〒850-0011長崎市鳴滝2-7-40)。
    なお、複数の冊子をご注文される場合は、送料が変わる場合がありますので、事前にお問い合せ下さい(電話番号:095-823-0707)。

    ゆうメール(旧冊子小包)料金
    重量 ~150グラム ~250グラム ~500グラム ~1キログラム
    料金 180円 215円 300円 350円

    書籍の重さに、封筒の重さ20グラムを加算して下さい。

  • お問い合わせ先

    文化観光部 文化財課 シーボルト記念館 

    電話番号:095-823-0707

    ファックス番号:095-823-0170

    住所:長崎市鳴滝2丁目7番40号

    アンケート

    より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く