ここから本文です。

平成28年度 企画展・特別展

更新日:2017年2月10日 ページID:009176

平成28年度 シーボルト記念館の企画展・特別展 

第76回企画展 「シーボルト記念館 名品展」

平成29年2月10日(金曜日)~4月2日(日曜日) 

長崎歴史文化博物館で開催される「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」(2月18日~4月2日)にあわせて、シーボルト記念館所蔵品の中から、選りすぐりの名品を展示します。 くわしくはこちら

第73回企画展 「シーボルトとオタクサ」(終了)

平成28年4月22日(金曜日)~6月12日(日曜日)

アジサイの季節にあわせて、『日本植物誌』をはじめとする、シーボルトとアジサイに関する資料を展示します。

第74回企画展 「没後20年 司馬遼太郎と幕末維新の群像」(終了)

平成28年7月22日(金曜日)~8月28日(日曜日)

『花神』や『胡蝶の夢』などの小説で、シーボルトとその門人たちを描いた作家・司馬遼太郎の没後20年にあわせ、作品に登場する人々について作品からの引用文と関連資料で紹介します。

シーボルト没後150年 特別展 「ケンペルとシーボルト-二人の日本研究家-」(終了)

平成28年9月9日(金曜日)~11月6日(日曜日) 

シーボルト(1796~1866)の没後150年にあわせ、その波乱の生涯とすぐれた功績について紹介します。また、本年は長崎出島商館医・ケンペル(1651~1716)の没後300年でもあることから、その業績もあわせて紹介します。

第75回企画展 「シーボルトと蘭学の家・吉雄家の人びと」(終了)

平成28年12月16日(金曜日)~平成29年1月29日(日曜日) 

吉雄家は、江戸時代を通じて代々オランダ通詞をつとめた家柄で、多くの優れた通詞・蘭学者や蘭方医を輩出しました。吉雄耕牛・吉雄権之助・吉雄忠次郎・吉雄幸載・吉雄圭斎などの業績を紹介します。 

ダウンロード

76kikaku(PDF形式:346KB)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

文化観光部 文化財課 シーボルト記念館 

電話番号:095-823-0707

ファックス番号:095-823-0170

住所:長崎市鳴滝2丁目7番40号

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ