長崎市亀山社中記念館

坂本龍馬ゆかりの人物

Nagasaki Kameyama Shachu Official Web Site

来館者の声

03

「たいへん勉強になりました。」

「亀山社中」の亀山は地名です。幕末の名陶・亀山焼は焼かれていた地としても知られています。亀山焼は、文化5年(1808年)頃から長崎の伊良林郷亀山で焼かれた焼物で、中慶応元年頃廃窯となりました。龍馬たちはその窯跡付近の家屋を借り受けて結社をおこしたことから、「亀山社中」という名前がついたとされています。なお、この長崎市亀山社中記念館の場所は、亀山社中があった場所として古くから長崎では言い伝えられています。

02

「たいへん勉強になりました。」

「亀山社中」の亀山は地名です。幕末の名陶・亀山焼は焼かれていた地としても知られています。亀山焼は、文化5年(1808年)頃から長崎の伊良林郷亀山で焼かれた焼物で、中慶応元年頃廃窯となりました。龍馬たちはその窯跡付近の家屋を借り受けて結社をおこしたことから、「亀山社中」という名前がついたとされています。なお、この長崎市亀山社中記念館の場所は、亀山社中があった場所として古くから長崎では言い伝えられています。

01

「たいへん勉強になりました。」

「亀山社中」の亀山は地名です。幕末の名陶・亀山焼は焼かれていた地としても知られています。亀山焼は、文化5年(1808年)頃から長崎の伊良林郷亀山で焼かれた焼物で、中慶応元年頃廃窯となりました。龍馬たちはその窯跡付近の家屋を借り受けて結社をおこしたことから、「亀山社中」という名前がついたとされています。なお、この長崎市亀山社中記念館の場所は、亀山社中があった場所として古くから長崎では言い伝えられています。