長崎市亀山社中記念館

坂本龍馬ゆかりの人物

Nagasaki Kameyama Shachu Official Web Site

亀山焼

亀山焼について

亀山焼は、文化4年(1807)から長崎・八幡町の大神甚五平(おおがみごんべい)らにより、伊良林(いらばやし)郷垣根山(亀山)で焼かれ始めました。初めはオランダ船向けの水がめ等(陶器)を焼いていましたが、のちに中国産呉須(ごす)を用いた格調高い白磁染付(はくじそめつけ)を製作するようになりました。また田能村竹田(たのむらちくでん)・木下逸雲(きのしたいつうん)ら文人による絵付作品でも知られています。慶応元年(1865)頃に廃窯(はいよう)となり、龍馬たちはその亀山焼関連の家屋を借り受けて、亀山社中をおこしたとされています。