長崎市亀山社中記念館

坂本龍馬ゆかりの人物

Nagasaki Kameyama Shachu Official Web Site

建物について

この建物は坂本龍馬ゆかりの亀山社中の遺構として現在に伝わる建物を所有されている方のご厚意により、長崎市が当時の姿により近い形で整備し、平成21年8月1日から公開しているものです。

亀山社中記念館のある場所は、幕末に亀山焼の再興を図った一族が大正9年まで所有していたと登記簿に記されています。また、幕末の長崎地図に描かれた亀山一帯の建物は当建物らしいものを含めわずかであり、亀山社中が寄寓した建物であった可能性は高いと推測されます。

母屋は10畳・8畳・3畳の部屋と土間に分かれていました。龍馬がもたれかかって座ったと伝えられる10畳座敷の柱など黒褐色の建具は幕末の家屋の雰囲気を忠実に再現しています。その先の縁側からは長崎の街と港が一望できました。一方、土間の北側には玄関があり、かつてはそこから出入りをしていたようです。この土間はガラス張りの床ごしに確認することができます。また土間と3畳の部屋の上側には中二階がありました。有事の際には大人数人が潜むのに十分な広さです。現在は失われていますが、母屋の北側には土蔵と馬小屋もあったとされています。