ここから本文です。

有害鳥獣対策

更新日:2017年4月1日 ページID:010055

農業・農産加工の支援制度

有害鳥獣対策

1 有害鳥獣相談センター(長崎市四杖町2671-31 あぐりの丘内 )
095-841-0477

イノシシ等の有害鳥獣被害のご相談、対策のアドバイスを行います
※ 休日、週休日、夜間 : 095-822-8888

2 防護対策

(1)【国の事業】ワイヤーメッシュ柵の材料支給

3戸以上の被害農業者の団体に対し、ワイヤーメッシュ柵の材料を支給
※設置は受益者が実施し、設置費用の負担も必要です
※家庭菜園は対象になりません
※申請から支給までに時間がかかります

(2)長崎市有害鳥獣対策協議会による被害防止資材の無償貸与

農業被害及び生活環境被害を軽減し、農業経営の安定及び住みよい生活環境を確立するため、被害防止用資材を貸与しています

ア ワイヤーメッシュ柵

農業被害対策(家庭菜園含む)として、ワイヤーメッシュ柵のみ(支柱等の関連資材は自己調達が必要です)を貸与します
生活環境被害対策として、ワイヤーメッシュ柵の資材一式を貸与します。対象は自治会等に限ります

イ 電気牧柵器

対象は3戸以上の農業者です。立地条件(周囲が誰も耕作していない、機械の能力など)等により、1戸の受益者にも貸与できる場合があります

ウ 箱わな・小型捕獲器

イノシシ・シカ用の箱わなの貸与は、地域ぐるみの捕獲隊に限ります

3 捕獲対策

(1)長崎市有害鳥獣対策協議会による捕獲

長崎市有害鳥獣対策協議会とは、猟友会、JA、長崎市などの関係団体が連携し、 有害鳥獣による農業被害及び生活環境被害を減少させるための対策に取り組んでいます。市内8地区に被害相談員を設置し、約160名の捕獲隊員により、年間を通した捕獲活動を行っています。

(2)地域ぐるみの捕獲隊

狩猟免許保持者(リーダー)と免許を持たない者(捕獲補助員)によりチーム(捕獲隊)を編成し、箱わな、囲いわなによる捕獲作業を行っています。捕獲隊には次の支援を行っています。

ア 箱わなの無償貸与
イ 捕獲報償金(イノシシ、シカ)
ウ 有害鳥獣相談センターによる支援(安全講習、コンサルティング) 
(3)網・わな猟免許取得助成金

被害対策等を目的として免許を取得しようとするものに対し、免許申請手数利用及び狩猟免許講習会受講料の2分の1を助成します
(参考)免許申請手数料・証紙代5,200円、講習会受講料10,000円の2分の1を助成(7,600円)
※手数料、受講料が変更になる場合があります

お問い合わせ先

水産農林部 農林振興課 

電話番号:820-6564

ファックス番号:829-3444

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く