ここから本文です。

第33回 株式会社インテックス(平成30年2月放送)

更新日:2018年5月9日 ページID:031201

インテックス

YouTubeで動画を公開中です。 上記画像をクリック!

【取材企業概要】
株式会社インテックス

設立

昭和39年9月

代表者

代表取締役社長 内田 信吾

事業内容

印刷、出版、企画デザイン等

HP

https://in-tex.co.jp/

【取材後記】
長崎地域にある元気な企業を紹介する番組「長崎キラリカンパニー」。第33回目は「株式会社インテックス」さんへ取材に行ってきました。
インテックスさんは、印刷・出版をはじめ、製品を美しく彩る包装の企画・デザインやWeb制作など、広告宣伝に関わる業務を行っている企業です。今回の取材では印刷の現場にお訪ねしました。
皆さんは本が制作されるとき、どのようにしてできているかご存知でしょうか。例えばA4サイズの本であれば、大抵の方がA4サイズに印刷した紙を積み重ねて製本しているのでは?と思われるのではないでしょうか。
実は、一枚の大きな紙に裏表複数紙面を一気に印刷し、折り曲げ、重ね、裁断することで1冊の本ができているんです。どの順番でページが並んでいるのか、配置構成が難しそうだなと感じる一方で、実際に折り曲げ、本が完成し綺麗にページが並んでいく様子を見ていると、ものづくりって楽しいと思いました。
印刷業は営業と制作、双方の連携によって成り立っている仕事です。
今回、営業部の中野さんに詳しくお話を伺うことができました。営業は、制作部門で調整を行ってもらった校正を確認し、直接お客様につなぐ仕事です。印刷で扱う紙は種類が無限にあって困難に感じることもありますが、その分作れるものも無限大で、やりがいを感じるとのことでした。お客様のニーズを制作部門に伝え、制作部門で細かな調整を加えながら、より見本に近づけた制作を目指す職人の技の両輪があってこそ、私たちが普段目にしている印刷物の完成につながっているのです。
余談ですが、営業と制作のフロアをつなぐ階段に「ありがとうコメント」の掲示板が設置されており、営業の方から制作の方へのたくさんの「ありがとう」が掲示されていました。感謝の気持ちを見える形で伝えられていて、皆さんのびのびと仕事をされている明るい職場環境がとても素敵だと感じました。
最後に、内田社長は、「企業は人であり、若い方には失敗を恐れず、どんどん挑戦するチャレンジの姿勢を忘れないでほしい」と話してくださいました。企業の要である人を大切に、日々、丁寧な仕事に励まれているインテックスさん。是非ご覧ください。

お問い合わせ先

商工部 産業雇用政策課 

電話番号:095-829-1313

ファックス番号:095-829-1151

住所:長崎市桜町4-1(長崎商工会館4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「雇用・労働・産業人材育成」の分類

ページトップへ