ここから本文です。

Java 実行環境 バージョン 7、8ご利用にあたっての留意事項

更新日:2016年6月2日 ページID:025632

Java 実行環境 バージョン 7、バージョン 8(以下「 JRE7」「 JRE8」 という。) のご利用にあたっては、以下の点にご注意ください。

JRE7 または JRE8 対応の電子入札用ソフトウェアの設定

はじめて電子入札システムを利用する場合、 Java の再インストール(バージョンアップ)を行った場合
は以下の対応が必要です。

  • 対象:ICカード利用者・・・JRE7 、 JRE8 に対応した「電子入札用ソフトウェアのセットアップ」 
  • 対象:全利用者・・・「Java ポリシーの設定」
  • 対象:JRE8 利用者・・・「Java の例外サイト・リスト」に長崎市電子入札のアドレスを登録。

「Java ポリシー」や「Java の例外サイト・リスト」に登録していただく長崎市電子入札のアドレスは以下の通りです。
本番環境用:https://nyusatsu.nyusatsu.city.nagasaki.lg.jp/CALS/
模擬環境用:https://test-nyusatsu.nyusatsu.city.nagasaki.lg.jp/CALS/

設定方法はご利用状況により異なります。

セキュリティ向上に伴う注意事項

セキュリティの向上により、電子入札システムで時計表示の前にアップデートを促す画面や、警告画面が表示されます。
いずれの場合も最新バージョンへの更新や取消(停止)を行わないようにしてください。
対処方法は以下を参考にしてください。
JRE7 の場合はこちら/ JRE8 の場合はこちら

JRE 7 の場合

Java のアップデートを促す画面が表示される

JRE7_1.gif

【対処方法】
バージョンアップをしないよう次の操作を行ってください。
1 『 Do not ask again until the next update is available 』 にチェックを入れる。
2 『 Later 』 を選択する。
※ 上記操作により新しいバージョンの Java が公開されるまで、同画面は表示されません。

『セキュリティ警告』画面が表示される

JRE7_2.gif

【対処方法】
アプリケーションを実行できるように次の操作を行ってください。
1 『リスクを受け入れて、このアプリケーションを実行します。』にチエックを入れる。
2 『このアプリケーションでは次回から表示しない』にチエックを入れる。
3 『実行』ボタンをクリックする。

※Java を使用するアプリケーションごとに表示されるため、『工事』『物品』『少額物品(オープンカウンタ)』の利用者登録、電子入札システムそれぞれで表示されます。
※上記操作により2回目以降、同画面は表示されません。

JRE 8 の場合

Java のアップデートを促す画面が表示される

JRE8_1.gif

【対処方法】
バージョンアップしないよう次の操作を行ってください。
1 『次の更新が利用可能になるまでメッセージを表示しません。』にチェックを入れる。
2 『後で』を選択する。
※上記操作により新しいバージョンの Java が公開されるまで、同画面は表示されません。

『セキュリティ警告』画面が表示される

JRE8 をご使用の場合、以下に示す2種類(2回)の警告画面が表示されます。
※オープンカウンタの簡易認証(登録番号とパスワードでログイン)利用の場合は、
セキュリティ警告画面1のみが表示されます。


セキュリティ警告画面1
JRE8_3.gif

【対処方法】
アプリケーションを実行できるよう次の操作を行ってください。
1 『 実行 』ボタンをクリックする。
※ このメッセージは毎回表示されます。

セキュティ警告画面2
JRE8_4.gif

【対処方法】
アプリケーションを実行できるよう次の操作を行ってください。
1 『 実行 』ボタンをクリックする。
※ このメッセージは毎回表示されます。

お問い合わせ先

理財部 契約検査課 

電話番号:095-829-1160

ファックス番号:095-829-1129

住所:〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館4階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「入札・契約情報」の分類

ページトップへ