ここから本文です。

被爆二世健康診断の内容

更新日:2016年4月1日 ページID:002223

被爆二世健康診断の内容

健康診断は一般検査と精密検査に分けられており、検査項目は次のとおりです。

検査の種類 検査の詳細
一般検査
  1. 視診、問診、聴診、打診及び触診
  2. CRP定量検査
  3. 血球数計算
  4. 血色素検査
  5. 尿検査(ウロビリノーゲン、タンパク、糖、潜血)
  6. 血圧測定
  7. 肝臓機能検査(AST、ALT、γ-GT検査法)
  8. ヘモグロビンA1c検査
  9. 多発性骨髄腫検査(血清蛋白分画検査)

(補足)7及び8は、医師が必要と認めた場合行い、9は、受診者の希望により行います。

精密検査
  1. 骨髄造血像検査等の血液の検査
  2. 肝臓機能検査等の内臓の検査
  3. 関節機能検査等の運動器の検査
  4. 眼底検査等の視器の検査
  5. 胸部エックス線撮影検査等のエックス線検査
  6. その他必要な検査

(補足)精密検査は、一般検査の結果、上記に掲げる検査のうちで必要と認めるものを行います。

被爆者二世の健康診断トップへ戻る

お問い合わせ先

原爆被爆対策部 援護課 

電話番号:095-829-1149

ファックス番号:095-829-1148

住所:長崎市桜町2-22(本館1階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「被爆者援護」の分類

ページトップへ