ここから本文です。

医療社会事業

更新日:2013年3月1日 ページID:004600

健康支援のトップページへ戻る

健康支援

医療社会事業・難病支援

病気の種類によっては,医療費の補助や各種サービスを受けることができます 。該当すると思われる方は,相談して下さい 。

医療給付などの紹介
項目 給付対象 内容 医療機関 窓口 提出書類
未熟児養育医療
  1. 出生時 体重2,000グラム以下の未熟児
  2. 2,000グラム以上でも生活力が特に薄弱であって、要綱に定める症状のいずれかの症状を示す新生児
入院医療費の補助
期間:医師により入院治療の必要が認められた期間
(1歳未満)
長崎大学病院、市民病院等
(市内・市外の指定医)
長崎市
(こども健康課)
  1. 申請書
  2. 養育医療意見書
  3. 世帯調書
  4. 委任状
  5. 世帯の前年分所得税額証明書類(源泉徴収票または確定申告書の控)当概年度分市県民税課税証明書(所得税額が0円の時のみ)
  6. 健康保険証(当該児童の)
  7. 母子健康手帳
小児慢性特定疾患治療研究事業 悪性新生物
慢性腎疾患
慢性呼吸器疾患
慢性心疾患
内分泌疾患
膠原病
糖尿病
先天性代謝異常
血友病等血液・免疫疾患
神経・筋疾患
慢性消化器疾患
国が定める疾患(11疾患群・514疾病、症状の基準有)で入院または通院されている18歳未満の方(18歳到達時点において本事業の対象となっており、かつ18歳到達後も引き続き治療が必要であると認められる場合は20歳到達まで延長が可能 (注意)
治療期間は原則として
1年以内
引き続き治療が必要なときは1年毎に継続申請が必要
(注意)
長崎市委託医
(注意)
長崎市
(こども健康課)
  1. 申請書
  2. 医療意見書
  3. 同意書
  4. 健康保険証(当該児童の)
  5. 高額区分に係る同意書
  6. 住民票謄本
  7. 前年度分所得税額証明書(源泉徴収票または確定申告書の控)当概年度分市県民税課税証明書(所得税額が0円の時のみ)

詳しくはこども健康課へ(電話番号 095-829-1255)

小児慢性特定疾患受給者の保護者の方へ

長崎市では、小児慢性特定疾患受給者に対して、日常生活用具の給付事業を行っています。

事業名

小児慢性特定疾患児日常生活用具給付事業

対象者

小児慢性特定疾患治療研究事業の認定を受けている方(品目ごとに条件有)

給付品目

  1. 便器
  2. 特殊マット
  3. 特殊便器
  4. 特殊寝台
  5. 歩行用支援用具
  6. 入浴補助用具
  7. 特殊尿器
  8. 体位変換器
  9. 車いす
  10. 頭部保護帽
  11. 電気式たん吸引器
  12. クールベスト
  13. 紫外線カットクリーム
  14. ネブライザー(吸入器)
  15. パルスオキシメーター

申請書類

申請書・小児慢性特定疾患受診券等
詳しいお問い合わせは こども健康課 電話番号095-829-1255まで

在宅の難病患者さんとその家族の方へ

居宅生活支援事業

在宅の難病患者さんで日常生活を営むのに支障があるかたに対して以下のような事業を実施しています。(一定の要件があります。)

ホームヘルプサービス

在宅で生活するうえで日常生活に支障がある場合、必要な支援をします。

  • 身体介護
  • 家事援助
  • 生活に関する相談援助
短期入所(ショートステイ)

難病のかたを介護するご家族が旅行・病気・出張等で介護できない場合に7日間を限度に市の指定する病院に入所することができます

日常生活用具等給付

日常生活を容易にするための用具を給付します

その他

長崎市独自の福祉制度として以下のような事業を実施しています。(一定の要件があります。)

移送支援サービス

斜面地等に居住する難病患者さんで、坂や階段が多くて1人では外出ができないかたのために、自宅から自分で移動可能な場所までの移送支援を行います。

ふれあい訪問収集事業

斜面地等に居住する難病患者さんで、ごみ出しが常時困難な方に対し、生活支援の一環として、ごみの戸別収集サービスと安否確認を行います。

地域支援対策推進事業

難病相談・訪問

難病患者・家族の日常生活や介護に関する相談を実施しています。必要に応じて、電話相談・保健師等による訪問相談も実施しています。

医療相談会

疾患を正しく理解し、在宅療養の支援と疾病に対する不安の軽減を図るために専門医師による講演と医療相談、また保健師、ケースワーカーによる療養生活相談・福祉相談を行っています。

ふれあい教室(リハビリ教室)

患者さんどうしが病気や療養生活などについて情報交換をおこなったり、一緒にからだを動かしてリハビリの方法を学びあったりします。
(補足)医療相談会、ふれあい教室の開催については「広報ながさき」にて随時お知らせします。

相談窓口 健康づくり課 電話番号 095-829-1154(長崎市桜町6-3 市役所別館3階)

長崎市内にある主な「親の会」の紹介(平成22年11月現在)
名称 対象者 会費の有無 会報の有無 活動内容
社会福祉法人長崎市手をつなぐ育成会 知的障害者をもつ親 あじさい福祉作業所(ハートセンター内), 福祉事業として「あじさいの家」(三京町),会員向けの啓発事業,本人主体活動(お花アレンジメント教室等)
日本自閉症協会長崎県支部 自閉症児・者及びそれに似た症状をもつ子の保護者・関係者 療育キャンプ(夏休み),施設見学(年1回),サマースクール(プール・夏休み), 会報発表(年6回),おしゃべり会(年3~4回),ふれあい発行(年3回)
日本てんかん協会長崎市分会(波の会) 患者・家族・ボランティア・医師 九州ブロック大会参加,2回の講演会,相談会,交流会(長崎,佐世保,大村,諫早,島原),ふれあいキャンプ
障害児訓練・らっこの会 心身障害児の父母 訓練(月2回、第2・4日曜),プール訓練(有喜療育センター),乗馬訓練(雲仙コロニー),キャンプ(年1回),宿泊訓練(年1回),クリスマス会(年1回),交流会(年1回、第2土曜日)
先天性四肢障害児父母の会長崎支部 先天的に手足,耳などに障害のある子供とその家族 支部会(年数回),夏季療育キャンプ,支部通信の発送,写真展,絵本原画展,医療相談会,改良リコーダー相談会など
バンビの会
(染色体障害児・者を支える会)
染色体障害児者の家族,医療,教育, 福祉などの関係者 例会(2カ月に1回、第1火曜),夏季療育キャンプ(1泊),クリスマス会,定期相談会(年1回),音楽教室(月1回第4土曜日)
長崎市肢体不自由児・者父母の会 肢体不自由児・者の保護者または本人 宿泊療養キャンプ(5泊6日または3泊4日),1日療育訓練(月1回、第1土曜、大村・佐世保にて),プール,パソコン教室,風船バレー,バザー,クリスマス

詳しいお問い合わせはハートセンター内長崎市心身障害者団体連合会まで
電話番号 095-847-0680

長崎県にある主な「親の会」の紹介(平成22年4月現在)
名称 対象 連絡先 事務局
NPOことのうみの会 小児糖尿病の患者と家族 御船蔵町1-1-502
電話番号、FAX番号095-895-9266
平野俊男
がんの子供を守る会九州西支部 小児がんの患者と家族 島原市有明町大三東甲2094-2
電話番号0957-68-1914
安野啓一郎
長崎県の主な「患者会」の紹介(平成22年4月現在)
名称 対象 事務局・連絡先
社団法人日本オストミー協会長崎県支部 人工肛門・人工膀胱患者 長崎支部長 小川正夫
長崎市矢上町9番5号
電話番号 095-838-3049
社団法人日本筋ジストロフィー協会長崎支部 筋ジストロフィーの患者及び家族の会 山口良二
長崎市畝刈町1613-32
県住C棟301
電話番号、FAX番号 095-850-3973

長崎県のホームページへ

上へ戻る

お問い合わせ先

市民健康部 健康づくり課 

電話番号:095-829-1154

ファックス番号:095-829-1221

住所:長崎市桜町6-3(別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く