ここから本文です。

風しんの抗体検査・第5期の定期予防接種(成人男性の風しんの予防接種)

更新日:2019年7月1日 ページID:032879

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性は、風しん抗体検査・予防接種を無料で受けることができます。

風しんの感染拡大防止を図るため、令和4年3月31日までの3ヵ年の期間限定事業として、予防接種法が改正され、風しんの第5期の予防接種が定期予防接種に追加されました。

風しんの第5期の予防接種対象者は、風しんの定期予防接種を受ける機会がなかった世代の方で、特に抗体保有率が低い昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性です。
ワクチンの効率的な活用のため、まずは風しん抗体検査を受け、抗体価が低い方が予防接種の対象となります。なお、本事業で使用するのは、麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)です。

対象の方は、まず、風しん抗体検査を受けましょう!

<実施医療機関等、詳細は下記のホームページをご参照ください。>

※医療機関へは事前に電話等で確認することをお勧めします。

厚生労働省 「風しんの追加的対策について」(外部リンク)

実施期間

平成31年4月1日から令和4年3月31日

※長崎市では、対象者の方に対して、1年間の有効期限であるクーポン券を毎年発送する予定です。(令和元年度に発送されたクーポンは、令和元年度末となる令和2年3月31日までしか利用できません。)

対象者

令和元年度は、「昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性」に、抗体検査のクーポン券を個別に発送しました。なお、「昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までに生まれた男性」は、令和2年度以降にクーポン券を個別に発送する予定ですが、早期検査を希望される場合はクーポン券を発行しますので、地域保健課へお問い合わせください。抗体検査の結果、抗体価が低い方に予防接種のクーポン券を発送します。

※職場の定期健康診断などを活用して風しん抗体検査を受ける場合も、クーポン券を持参する必要があります。

※市外の医療機関でも風しん抗体検査・予防接種を受けることが可能ですので、クーポン券を必ずご持参ください。

※市外に転出された際は、転出先の自治体で発行したクーポン券で受診・接種することになりますので、転出先の自治体にお問い合わせください。

費用について

無料です。

持っていくもの

1.長崎市から送られてくるクーポン券

2.長崎市にお住まいであることが分かるもの(運転免許証、健康保険証など)

関連情報

お問い合わせ先

市民健康部 地域保健課 

電話番号:095-829-1153

ファックス番号:095-829-1221

住所:長崎市桜町6-3(別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ