ここから本文です。

元気がいちばんたい! 毎日プラス1皿野菜を増やそう!

更新日:2018年4月11日 ページID:026999

表題

分野 

「栄養・食生活」 毎日プラス一皿 野菜を増やそう

野菜は生活習慣病予防の強い味方です!

野菜は、からだに欠かせないビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養素が豊富に含まれており、生活習慣病予防の強い味方です。

  • ビタミン:血管や粘膜、皮膚・骨などを健康に保ち新陳代謝を促します。
  • ミネラル:丈夫な骨や歯の形成、ナトリウムの排出を促進します。
  • 食物繊維:便通を良くし、コレステロールの吸収を妨げます。血糖値の急激な上昇を抑えます。

どれくらい食べればいいのでしょうか

野菜

「野菜は1日350グラム以上食べましょう」

「野菜を手軽に食べる工夫」

「野菜70グラムの目安量」

「野菜で健康生活」

「旬野菜」を食べましょう

旬の野菜は、その野菜がもっとも元気なとき。
野菜そのものの味をより感じることでき、栄養価も高く、なにより安くてお買い得♪
3拍子そろった、美味しい・嬉しい・からだがよろこぶ「旬野菜」を積極的に食べましょう。

「旬野菜」の情報

「旬野菜」を使ったお勧めレシピ

野菜

「野菜を食べて健康に!」(市っトクながさき 2015年4月30日)の動画を配信します!

元気がいちばんたい!「健康長崎市民21」の取組みについて

健康であることは、みなさんに共通した願い。元気がいちばんたい!「第2次 健康長崎市民21」計画では、長崎市民の健康寿命の延伸を大目標に、「毎日プラス1皿野菜を増やそう」をスローガンに、市民の健康づくりを推進しています。野菜には、体の調子を整える栄養素が多く含まれており、高血圧・がん・糖尿病などの生活習慣病を予防する効果があるといわれています。
平成26年度には野菜摂取の促進につながる「健康川柳・標語」の募集を行いました。この取組みは、元気がいちばんたい!「健康長崎市民21」計画に基づくものです。

「平成26年度 元気がいちばんたい!健康川柳・標語」

「健康満載 桜町健康通信」 は、あなたを元気にする健康情報が盛り沢山

長崎市の健康に関する情報を「健康満載 桜町健康通信」 にてご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

       

ダウンロード

野菜70gの目安量(PDF形式:692KB)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

市民健康部 健康づくり課 

電話番号:095-829-1154

ファックス番号:095-829-1221

住所:長崎市桜町6-3(別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ